このページの本文へ

iPad 2の背面に収納できるワイヤレスキーボード

2011年10月29日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本体を2分割することでiPad 2の背面に折りたたんで収納できるワイヤレスキーボード「Logicool Fold-Up Keyboard」(型番:TK900)が発売された。

iPad 2の背面に折りたたんで収納できるBluetoothキーボードキーボードを引き出すとiPad 2を斜めに立てかけられる仕組みだ

 Logicool Fold-Up Keyboardは、背面パネル部分にキーボードを折りたたんで収納できるBluetooth接続のワイヤレスキーボード。キーボードをスライド展開させると連動してiPad 2を装着したチルトスタンドが起き上がり、ノートPCスタイルで使用することができる。

 iPad 2と一体化するのでどこにでも持ち運べ、いざという時にはすぐキーボードを使用することができる。タブレットとしての利便性を損なうことなく、文字入力が容易に行なえる。また、Apple純正の保護カバー「Smart Cover」との同時使用も可能だ。

Apple純正の保護カバー「Smart Cover」と併用が可能

 キー配列は英語65キーのパンタグラフ式で、キーピッチは19mm、キーストロークは1.5mm、押下圧は60g。その他、素早くホーム画面を呼び出せる「ホームボタン」や検索機能の起動、マルチメディアファイルの操作をボタンひとつで簡単に行なえるショートカットキーを搭載する。

 サイズは幅250×奥行き196.5×高さ20mm、重量は480g。電源は充電式リチウムポリマー電池を搭載しており、約3時間の充電で最大500時間の使用が可能。製品には充電用のmicroUSBケーブルが付属する。

 クレバリー2号店で9980円で発売中だ。


【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART