このページの本文へ

Intel「Core i7-2860QM」

モバイル向けCPU「Core i7-2860QM」のバルク版が登場

2011年10月26日 23時10分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルのモバイル向けCPU「Core i7-2860QM」のトレイ版(バルク版)が登場。パソコンハウス東映で販売中だ。

インテルのモバイル向けCPU「Core i7-2860QM」のトレイ版(バルク版)。4コア/8スレッドでクロック周波数2.5GHz(Turbo Boost時3.6GHz)というスペック

 製品はモバイル向けSandy BridgeことSocket G2に対応したCPU。トレイ版(バルク版)となるため、対応マザーボードとのセット販売が条件となる。そのため販売ショップのパソコンハウス東映では、モバイル向けチップセットのIntel QM67 Expressを搭載するSupermicro製Mini-ITXマザーボード「X9SCV-Q」と、CPUクーラーをセットで販売中だ。

マザーボードとCPUクーラーがセットで8万1330円。大凡だが、CPU単体の価格は約5万4000円程度の計算だ

 Core i7-2860QMの主なスペックは、4コア/8スレッドでクロック周波数2.5GHz(Turbo Boost時3.6GHz)、キャッシュ(Intel Smart Cache)容量8MB、TDP45W。Hyper-Threadingをサポートするほか、統合GPUとして「Intel HD Graphics 3000」(クロック周波数650MHz/最大クロック周波数1.3GHz)を搭載している。
 CPU単体での価格は出ていないが、マザーボードとCPUクーラーがセットで8万1330円。おおよそだが、CPU単体の価格は約5万4000円程度の計算だ。なお、製品はすでに完売している。興味のある人はスタッフまで問い合わせてほしいとのことだ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中