このページの本文へ

日本ラッドの「パーソナルクラウド」が機能強化

オンラインストレージ「ソラ箱」にデータ共有機能

2011年10月25日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月24日、日本ラッドは「SaaSesブランド」で提供中のストレージサービス「ソラ箱」に、写真やファイルのデータを複数人で共有するため機能を追加する。実施は11月8日の予定だ。

5.1GBを無料で使える国産オンラインストレージ「ソラ箱」

 ソラ箱は、クラウド上にファイルを保管する「パーソナルクラウド」で、5.1GBまでの保存容量を無料で利用できる。新たにファイル受け渡し機能を持たせることで、ソラ箱サービスを通じて多人数でのファイル共有が可能となる。

 共有を行なう方法として、

  • メールの本文にファイル保存先のURLを記述したメール送信
  • twitter等のソーシャルメディアのメッセージ機能を利用した受け渡し

を提供する。

 11月8日のスタート時点では、メールを使う前者の方法を提供し、順次ソーシャルメディアメッセージとの連携サービスをリリースしていく。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ