このページの本文へ

メーカーみずから過去最高と最新BlackBerryをアピール

2011年10月20日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモが冬春モデル新製品として発表、来年2月の発売が予定されている「BlackBerry Bold 9900」。その開発元であるリサーチ・イン・モーション(RIM)は、メディア向けに同社の戦略と端末の説明会を開催した。

現行モデルの「BlackBerry Bold 9780」(左)と「BlackBerry Bold 9900」(右)

 BlackBerry Bold 9900は、同社がドコモ向けにリリースしてきたBlackBerryシリーズの中でもスペック/ソフトウェア的に大きくジャンプアップしたモデルであると言える。

 今回説明を行なったリージョナル・マネージング・ディレクター 東アジア担当のグレゴリー・ウェイド氏はすでに10年以上、RIMに勤務しているとのことだが「10年間会社にいる我々にとっても、過去最高の端末である」とアピールする。

BlackBerryならではのQWERTYキーは健在。若干打鍵が軽くなったようにも感じられた上のBlackBerry Bold 9780と比べると、ずっと薄いのがわかるだろう

 BlackBerry Bold 9900の特長としては、まずOSは最新バージョンの「BlackBerry OS 7」を搭載。それを動かすCPUも1.2GHz動作のものを採用する(Snapdragon MSM8655 1.2GHz)。その性能はたとえばウェブブラウジングで明白で、画面解像度が従来モデルの「BlackBerry Bold 9780」の480×360ドットから640×480ドットに向上しているにも関わらず、表示速度は段違いである。

ウェブブラウザーが大幅に進化。タッチ操作にも対応してる

 BlackBerry OSでは前バージョンの6で、ウェブブラウザーのレンダリングエンジンがWebKitベースに変更されたことにより、(5→6で)平均56%高速化されたとのことだが、さらに6→7で40%もの高速化が実現しているという。

 また、ディスプレーも静電容量方式のタッチパネルが搭載され、スマートフォンではおなじみのピンチイン/アウトによる拡大/縮小もサポートされた。これらの滑らかでレスポンスの早いグラフィックスについては「Liquid Graphics」という名称をつけている。

 そのほかにもNFCへの対応、ARアプリ「Wikitude」の搭載、2.4GHz/5GHz帯両対応の無線LAN、BlackBerryシリーズ最薄の10.5mmのボディなども特徴的だ。

OSの見た目も随分変わった

先進国から新興国まで
多様な国で成功してきたBladkBerry

 ウェイド氏は、BlackBerryがスマートフォンの世界で優位性を発揮した理由として「スピード」「効率性」「目を引くデザイン」「セキュリティ」「信頼性」の5点を紹介した。独自サーバー経由でリアルタイムにメッセージを送受信できるBlackBerryのスピードや効率性、エンタープライズ用途に耐えうるセキュリティー技術は、実際に今も他のスマートフォンプラットフォームに勝っている。

BlackBerryの人気が以前から高い東南アジアに加え、新たに日本/韓国も担当することになったというウェイド氏

 一方で、日本市場ではなかなかシェアを伸ばせていないのも現実だ。ただ、BlackBerryは先進国のイギリス、新興国のインドネシアでともにトップシェアを持っているなど、BlackBerryは多様な市場で強さを持っているとする。そして、これらの国での成功を日本でもたらす上での重要なポイントとして、エクセレントとエレガンスの2点を挙げ、技術的な優秀性と端末デザインで日本市場へも取り組んでいくとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART