このページの本文へ

ドコモ冬モデル発表会 スマホ新製品は15機種 Xiスマホは4台! ― 第4回

Xiスマホのプラン発表 月1480円でドコモ向け24時間通話無料

2011年10月18日 14時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは、Xi対応スマートフォンの発表に合わせて、音声通話対応のXiの料金プランを発表した。

Xiなら月1480円でドコモ宛通話が24時間定額に

 今回発表されたのは、2年契約を前提とする「タイプXi にねん」。月額の基本使用料は780円で、無料通信分は含まれない。国内通話料は21円/30秒。タイプXi にねんの最大の特徴は、オプションである「Xiカケ・ホーダイ」(月700円)をプラスすることで、ドコモ宛の通話が“24時間”無料になる点だ。

 ドコモでは月1480円でドコモ宛通話が無料になる「タイプXi にねん」と「Xiカケ・ホーダイ」の組み合わせを、「Xiトーク24」と呼んでプロモーションしていく。なお、FOMAで用意されている無料通信分が含まれるプランはXi向けには現時点では存在しない。

Xiスマホでも7GBの制限はあり
ただしテザリング利用時の別の上限はなし

 一方、パケット定額サービスは、完全定額制の「Xiパケ・ホーダイ フラット」と、2段階制の「Xiパケ・ホーダイ ダブル」の2種類。「Xiパケ・ホーダイ フラット」は月5985円、「Xiパケ・ホーダイ ダブル」は月2100~6510円と、ともにFOMAのプランと比べて、上限が525円高くなっている。

 なお、2012年4月30日までは「Xi スタートキャンペーン」として、それぞれ月4410円、月2100~4935円に割り引かれる。

 データ通信契約で話題になった7GB以上の制限は両パケット定額プランともに適用される。2012年10月以降は7GB超の通信は送受信とも最大128kbpsに速度制限され、速度制限の解除には2GBごとに2625円がかかる。

 ただし、7GBの壁が用意されたことで、Xi対応端末でテザリング機能を利用した場合でも、別の上限金額などがないのはうれしい点だろう。

 さらにFOMAでパケット定額サービスを利用時のテザリングでの上限金額も変更されている。従来は月1万395円だったのが月8190円に値下げされた。こちらは11月分からの適用。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART