このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

韓国版「Optimus LTE」レビュー 1.5GHzのデュアルコアCPUでサクサク

日本でも出るか? LGのLTE端末を一足先に韓国で使った

2011年10月13日 20時00分更新

文● 中山 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 CEATEC JAPAN 2011のドコモブースでも参考展示されて、話題を呼んでいたLTE搭載(Xi対応)のAndroidスマートフォン。参考展示の4機種にはサムスン電子/NECカシオ/LGエレクトロニクス/富士通というメーカー名が表示されていたが、その1社であるLGエレクトロニクスは、韓国でLTE対応スマホ「Optimus LTE」を10月10日に販売を開始している。今回はOptimus LTEの実力を韓国でチェックする機会を得たので、レビューを行なった。

CEATECの会場で参考展示されていた、Xi対応のLG製スマホ

1.5GHzのデュアルコア&HD液晶
さらにLTE対応のハイエンド端末「Optimus LTE」

 Optimus LTEはQualcomm製のデュアルコアCPU「Snapdragon MDM9200(1.5GHz)」を搭載したハイエンドモデルである。デュアルコアの恩恵によって、シングルコアの端末と比較するとその操作感は超サクサク。画面の切り替えやスクロールといった操作もスムーズだ。

ホームボタンなどはタッチ式のキーを採用し、ディスプレー面はフラット本体背面もフラットなデザイン。スリットが入った素材で手になじみやすい
本体正面にmicroUSBポートが装備されている。HDMI端子は搭載されていないが、microUSBをHDMIに変換するコネクターが別売されるとのことバッテリーの容量は1830mAh。スマートフォンとしては最大クラス

発色の良い4.5型の大型HDディスプレーが魅力的

 ディスプレーは4.5型とスマートフォンとしては最大クラスである。画面解像度は720×1280ドットで、HD画質の映像もそのまま映し出せる。

 さらに輝度が高く、色再現率の高いIPS TrueHDディスプレーにより、他社の有機ELディスプレーと見比べてみると、青みも少なく色の明暗がキッチリと表現されていた。

4.5インチと大型の液晶のため、男性の手でも少し大きいカメラは暗所に強いソニー製の裏面照射型CMOS(約800万画素)を搭載。フロントカメラ(約127万画素)も用意されている
CEATECの会場で参考展示されていた、Xi対応のLG製(?)スマホ
「Optimus LTE(韓国版)」の主要スペック
メーカー LG Electronics
ディスプレー 4.5型液晶
画面解像度 720×1280ドット
サイズ(暫定値) 67.9×132.9×10.4mm
重量 135g
CPU Qualcomm Snapdragon MDM9200 1.5GHz(デュアルコア)
OS Android 2.3
カメラ画素数 リア:約800万画素/イン:約127万画素
バッテリー容量 1830mAh
NFC
赤外線 ×
防水 ×

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】今冬に買うべき最新カメラは?フォトキナ2016レポ

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART