このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第221回

ペットモードが便利な「COOLPIX S8200」で猫撮り

2011年10月14日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
舌出し猫を筆頭に、猫が3匹、川原でくつろいでいるの図。広角ならではの遠近感が楽しい。もちろんペットモードで(2011年9月 ニコン COOLPIX S8200)
舌出し猫を筆頭に、猫が3匹、川原でくつろいでいるの図。広角ならではの遠近感が楽しい。もちろんペットモードで(2011年9月 ニコン COOLPIX S8200)

 「ペットモード」を搭載するデジカメって少なくないんだけど、たいていは「シーンモード」に入って、ペットモード(それもだいたい、10番目くらいにある)を探さないとダメなので、とっさにセットできなくて、しまいには使うのが面倒になっちゃうもの。

 でも、とある仕事でニコンの「COOLPIX S8200」を手にしてびっくり。撮影モードダイヤルを備えてるんだけど、そこに「ペット」のアイコンがあるのだ。しかもアイコンが猫っぽい。

「COOLPIX S8200」のモードダイヤルには猫っぽいアイコンが……

 普通、撮影モードダイヤルにあるのはその製品のウリの機能やよく使う機能で、S8200も「シーン」とか「夜景」とか「逆光ポジション」があるんだけど、その中にペットもいるのである。

 だから、「あ、猫だ」と思ったらダイヤルをペットモードにするだけでいい。画面を見なくてもすぐに合わせられる。

 で、猫を撮ってみた。ペットモードにすると、猫を見つけたとたん(犬でもいいんだけど、ここでは猫の話しかしません)、顔認識の要領で猫の顔に緑の枠が表示され、ピントが合ったら自動的にシャッターを切る。しかも、高速連写してくれる。こんな感じ。

自転車の後ろカゴでくつろいでいた猫をペットモードで自動連写。こんな風に撮れる。1枚1枚微妙に違うので、あとで選ぶのも楽しい
自転車の後ろカゴでくつろいでいた猫をペットモードで自動連写。こんな風に撮れる。1枚1枚微妙に違うので、あとで選ぶのも楽しい

 そしてあとから気に入った1枚を選べばいいのだ。

 まあ、撮るタイミングは自分で決める、って人には自動シャッターは不要だけど、そのときはオフにすればいい。

上の4枚から一番いいのを選んでみた。ツートーンの顔が精悍でカッコイイ。でも結構人なつこい(2011年9月 ニコン COOLPIX S8200)
上の4枚から一番いいのを選んでみた。ツートーンの顔が精悍でカッコイイ。でも結構人なつこい(2011年9月 ニコン COOLPIX S8200)

 でも、自動高速連写はすごく便利。猫は一瞬で動くので、4~5枚撮っておいてくれればあとからブレてなかったり、表情や仕草がちょうどいいのを選べるのだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART