このページの本文へ

NZXT「Source 210 Elite」、「Tempest 410 Elite」

3.5インチドライブを8つ搭載可能なPCケースがNZXTから登場

2011年10月12日 20時03分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3.5インチドライブを8つ搭載可能な、NZXT製のミドルタワー型スチールケース「Source 210 Elite」と「Tempest 410 Elite」が発売された。

「Source 210 Elite」(左)と「Tempest 410 Elite」(右)

Source 210 Elite

 Source 210 Eliteは、全長330mmのビデオカードを搭載可能なATXケース。ベイ数は5インチ×3、3.5インチシャドウ×8という構成で、どれもツールレスでドライブを取り付け可能だ。
 ファンはリアに120mm×1、トップに140mm×1を搭載。さらにフロントに120mm×2、ボトムに120mm×1、トップには140mmもしくは120mm×1を増設可能だ。本体サイズは195(W)×495.5(D)×440(H)mmで、重量は6.5kg。
 価格はPC DIY SHOP FreeTで5980円。カラーはブラックとホワイトの2色をラインナップする。

フロントアクセスポートにはUSB 2.0×1、USB 3.0×1、サウンド入出力を用意。カラーはホワイトとブラックの2色を用意。ただしホワイトモデルは、ブラックとのツートンカラーになっている搭載可能なビデオカードは全長330mmまで、CPUクーラーは全高160mmまで。また、ケーブルの裏配線スペースが約20mmあり、ケーブルの収納整理が用意に行なえる
ベイ数は5インチ×3、3.5インチシャドウ×8という構成で、どれもツールレスでドライブを取り付け可能だファンはリアに120mm×1、トップに140mm×1を装備。フロントに120mm×2、ボトムに120mm×1、トップに140mmもしくは120mm×1を増設可能だ

Tempest 410 Elite

 Tempest 410 Eliteは、全長310mmのビデオカードを搭載可能なATXケース。ベイ数は5インチ×3、3.5インチシャドウ×8という構成で、こちらもツールレスでドライブを取り付け可能だ。
 ファンはフロントに120mm×2、リアに120mm×1を標準装備。さらにボトムに120mm×1、トップに140mmもしくは120mm×2を増設可能で、すべて合わせると最大で6基搭載できる。本体サイズは215(W)×496(D)×481(H)mmで、重量は7.8kg。
 価格はPC DIY SHOP FreeTで1万2800円。カラーはブラックのみとなる。

フロントアクセスポートにはUSB 2.0×2、USB 3.0×1、サウンド入出力を用意。搭載可能なビデオカードは全長310mmまで、CPUクーラーは全高170mmまでとなっているベイ数は5インチ×3、3.5インチシャドウ×8という構成で、どれもツールレスでドライブを取り付け可能。ケーブルの裏配線スペースが約25mmあり、取り回しがしやすいのも特徴だ
ファンはフロントに120mm×2、リアに120mm×1を標準装備。さらにボトムに120mm×1、トップに140mmもしくは120mm×2を増設可能だケース上部には小物入れが付いている

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中