このページの本文へ

管理プロセッサー搭載で上位機種並みの管理機能

小さくて安い!6万円台からの「IBM System x 3100M4」

2011年10月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月12日、日本IBMはミニタワー型の高信頼エントリーサーバー「IBM System x 3100M4」を発表した。

上位機種並の管理機能を搭載するエントリーサーバー「IBM System x3100 M4」

 IBM System x3100 M4は、同社のx86サーバーの中でも最安値の製品。Pentium G850、2GBメモリ搭載の最小構成で価格は6万6000円となる。筐体サイズも18×48×36cmと小型で、x86サーバーの中で最小という。

 OSに依存することなく稼働する管理専用プロセッサーを標準搭載しており、上位機種の管理機能が利用可能。起動時の外部からの不正アクセスを防ぐセキュリティー機能や障害予知機能「Predictive Failure Analysis(PFA)」など、この価格帯では一般的には搭載されないというサーバー管理機能を備える。

 また、同社のx86サーバーのラインアップで初めて、障害時の各種データをワンクリックで取得し、Webブラウザーで表示する「(FFDC:First Failure Data Capture)」を搭載。さらに、障害発生時にその発生部分をLEDで示す「診断LED」を内蔵しており、障害時の迅速な対応を可能にするという。

 標準で1年間サポートが付いており、24時間365日対応のオンサイト保守が受けられる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ