このページの本文へ

「iPhone 4S」の予約販売、開始後24時間で100万件を突破

2011年10月11日 08時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、新型スマートフォン「iPhone 4S」の予約販売が1日で100万件を突破し、従来の1日の予約販売最高記録である「iPhone 4」の60万件を超えたと発表した。米国のApple Store(オンライン)では、16/32/64GBすべてのモデルがすでに1〜2週間の出荷待ち状態となっている。

 iPhone 4Sは、新CPUとしてデュアルコアの「A5」を採用。従来モデルに比べ2倍のパフォーマンスを実現、デュアルコアグラフィックス機能により描画性能が7倍高速化している。OSとしては、6月に発表済みの「iOS 5」を搭載する。日本での発売日時は10月14日午前8時で、KDDIおよびソフトバンクモバイルより発売される。

「iPhone 4S」

 アップルのワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアバイスプレジデント フィリップ・シラー氏は、「iPhone 4Sへの信じられないようなお客様の反応で、私たちも大いに驚いています。iPhone 4Sの初日の予約販売件数はアップルがこれまでに発表したどの新製品よりも多く、お客様が私たちと同様に「iPhone 4S」を愛してくださっていることに感動しています。」と述べている。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】あなたの知らないSLIの世界in福岡

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください