このページの本文へ

なぜか快適!? スムーズ操作がウリのAndroidタブ「Haipad」

2011年10月07日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「同じようなスペックの製品より画面の操作が快適」(ショップ)というAndroidタブレット「Haipad M7X」が東映無線ラジオデパート店にて販売中だ。

7型ディスプレーを搭載する「Haipad M7X」。丁度手のひらに収まるサイズだ

 Haipad M7Xは、静電容量式のタッチパネルを搭載する7型(800×480ドット)ディスプレー搭載タブレット。仕組みの詳細は不明だが、同じようなスペックの製品より操作が快適というのが特徴の製品だ。

 画面をスクロールさせたりアプリを立ち上げたりと、実際に操作してみたところ、他のタブレットと比べてスムーズに動く印象を受けた。

背面はラバー加工風なので手触りは良いインターフェースはイヤホンジャック、USB×2、miniHDMI、microSDカードスロット等が並ぶ
側面には電源ボタン、メニューボタン、ホームボタンが搭載されている反対側にはSIMカードスロットを備えるが、販売店のサポート対象外なうえ利用の可否も不明だ

 販売店のスタッフによると「理由は定かではないが、他社製品よりドライバーなどのソフトウェア的なチューニングが良くできているのでは」とのことだ。

 主なスペックは、動作周波数1GHzのCPU「SP210」を搭載。メインメモリーにDDR2 512MB、ストレージとして4GBのフラッシュメモリーを採用しているほか、30万画素のフロントカメラ、200万画素のリアカメラ、最大32GBにまで対応したmicroSDカードスロットを搭載する。また、無線LAN(IEEE802.11b/g)、Bluetooth(2.1)などの通信機能に加え、SIMカードスロットを備えるが、販売店でのサポートは対象外である。

 サイズは幅193×奥行き13×高さ122mm、重量は403g。価格は2万4800円だ。

GPS機能など、タブレット端末に欲しい機能は一通りそろっているのも魅力だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART