このページの本文へ

Android/iPhoneで操作可能な障害物センサー付ラジコン

2011年10月06日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AndroidスマートフォンやiPhoneなどで操作が可能な、障害物センサーを搭載するユニークなラジコン「Tankbot」がDesk Petsから登場した。

カラフルなラインナップを用意する「Tankbot」。正面にセンサーを搭載するため、障害物を自動的に避けることが可能だ

 Tankbotは、付属の赤外線ユニットをAndroidスマートフォンやiPhoneなどに接続して遠隔操作をするラジコンだ。普通のタイヤではなく、キャタピラーを搭載したユニークな形状が特徴的である。

 赤外線ユニットによる遠隔操作のほか、本体に搭載されたセンサーにより正面の障害物を自動的に避ける「Mode 1」と、あらかじめ設定された動きをする「Mode 2」の動作モードに対応する。

 さて、実際の挙動だが、見た目がキャタピラーということで低い段差なら乗り越えられるのかと思ったが「重心が高いうえモーターの力が弱いのか、段差を乗り越えるほどの性能は無かった」(ショップ)とのこと。

タイヤではなくキャタピラー仕様である。ただし段差を乗り越えるほどの性能は無かった背面部分に収納可能なUSBコネクターが搭載されている。頭でっかちなデザインなのでデスクトップPCには延長ケーブルが必要かもしれない

 なお、遠隔操作には専用のアプリケーション「DeskPets」が必要で、AndroidマーケットまたはApple Storeから無料でダウンロードできる。

 電源は製品本体に内蔵されたバッテリーを使用。充電はラジコンの背面に搭載されたUSB端子から行ない、40分の充電で15分間の連続動作が可能。また付属の赤外線ユニットには別途ボタン電池(AG13)が3個必要である。

試しにiPod Touchに接続してもらった。赤外線ユニットはイヤフォン端子へ接続して使用する左右のキャタピラーの回転を2本のスライダーで操作する。前方に進みたい場合は両方のレバーを同時に操作する
こちらはAndroid用のアプリ。iOS用のアプリとは操作方法が異なる3タイプの動作モードに対応する

 対応するのはiOS搭載端末、またはAndroidスマートフォン。カラーラインナップはオレンジ/グリーン/ブルー/グレーの4色。製品には動作確認用のボタン電池が付属する。

 Jan-gle秋葉原本店、Jan-gle3号店にて販売中で、価格は4800円。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART