このページの本文へ

OCZ「NOC-MSATA-120G」

容量120GBのmSATA接続SSDがOCZから発売

2011年09月29日 22時19分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 mSATAインターフェイスを採用するOCZ製SSD「Nocti」シリーズから、最上位モデルとなる容量120GBの「NOC-MSATA-120G」が発売となった。

mSATAインターフェイスを採用するOCZ製SSD「Nocti」シリーズの最上位モデルとなる容量120GBの「NOC-MSATA-120G」

 すでに「NOC-MSATA-30G」(30GB)と「NOC-MSATA-60G」(60GB)の2モデルが発売済みの同シリーズ。今回登場した容量120GBの「NOC-MSATA-120G」は60GBモデルと同様のスペックで、最大データ転送速度は、読み込みが280MB/sec、書き込みが260MB/sec、4KBランダム読み込みは1万1500IOPS、4KBランダム書き込みは3万2000IOPSとなる。
 コントローラーチップにはSandForce SF-2141/2181を搭載し、MLC NANDフラッシュが実装されている。
 価格は2万2980円。パソコンショップアークとPC DIY SHOP FreeTで販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中