このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

デスクトップを超えた! 持ち歩ける15.6型フルHDモデル

4コア+SSDの衝撃性能! Let'snote B10 QuadコアCPUモデル

2011年10月04日 10時00分更新

文● 高橋量、写真●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックの「Let'snote B10」(CF-B10)といえば、15.6型フルHDディスプレーに先進パーツを搭載したハイパフォーマンスモデルだ。そのB10に、Let'snote 15周年記念モデルとして、ウェブ直販「マイレッツ倶楽部」限定販売の「Let'snote B10 QuadコアCPUモデル」が登場した。

「Let'snote B10 QuadコアCPUモデル」(CF-B10)。本体カラーはシルバーで、軽量かつ剛性の高いマグネシウム合金が採用されている

 Let'snote B10 QuadコアCPUモデルの最大の特徴は、クアッドコアの最新CPU、Core i7-2675QM(2.2GHz、ターボブースト2.0利用時最大3.10GHz)を採用している点。デュアルコアCPU搭載の店頭モデルに比べて、クロック周波数は若干低いが、コア数の増加により、大幅なパフォーマンスの向上を期待できる。さらに、256GB SSDBlu-ray Discドライブ8GBのメモリーを搭載することで、高いマシンパワーを要求するニーズにも応えられる仕様となっている。

 また、高容量バッテリーの採用により約8時間の長時間駆動(店頭モデルでは約6時間)を実現しながらも、重量は約1.92kgと軽量。「高性能・長時間駆動・軽量」とLet'snoteならではの魅力が存分に引き出されたモデルなのだ。

「Let'snote B10 QuadコアCPUモデル」評価機の主な仕様
価格 33万5500円(「マイレッツ倶楽部」直販価格)
本体色 シルバー
CPU Core i7-2675QM 2.2GHz(ターボブースト2.0利用時、最大3.10GHz)
メモリー(最大) 8GB(16GB)
ストレージ 256GB SSD
光学式ドライブ Blu-ray Discドライブ(Blu-ray Disc書き込み対応)
液晶ディスプレー(解像度) 15.6型ワイド(1920×1080ドット)
バッテリー駆動時間 約8時間
無線 IEEE 802.11 a/b/g/n、Bluetooth 2.1+EDR
インターフェース USB 3.0端子、USB 2.0端子×2、有線LAN端子、HDMI端子、アナログRGB端子、ヘッドホン出力、マイク入力
本体サイズ 幅370.8×奥行き229×高さ31.4〜43.2mm
重量 約1920g

前へ 1 2 3 4 次へ