このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ついに東芝から、Ultrabook「dynabook R631」が登場

2011年09月29日 13時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝は29日、2011年秋冬モデル第2弾となるdynabookシリーズのノートパソコンの新製品3シリーズを発表した。国内メーカーでは初となる薄型軽量ノート「Ultrabook」が登場している。価格はいずれもオープンプライス。

初のUltrabook
dynabook R631

「dynabook R631」。国内メーカーの製品としては初の「Ultrabook」に属する製品だけに、薄さと軽さが光る。本体カラーは1色のみ

 新シリーズの「dynabook R631」は、国内メーカーでは初のUltrabookカテゴリーに属する新モバイルノートである。Ultrabookの定義を簡単に言えば、インテル製の超低電圧版CPUを搭載し、高さを21mm以下に抑えたモバイルノートであり、R631もそれに当てはまる。

 13.3型・1366×768ドットのLEDバックライト液晶ディスプレーを搭載し、本体サイズは幅316×奥行き227mmで、高さは8.3~15.9mmと非常に薄くなっている。重さは約1.12kgでバッテリー駆動時間は最大約9時間と、薄型軽量で長時間駆動を実現している。

R631の背面。ヘアライン調の加工が施されている

 CPUには超低電圧版のCore i5-2467M(1.60GHz)を採用。ストレージには128GBのSSDを内蔵している。メモリーは4GB、グラフィックス機能はCPU内蔵機能を使用する。WiMAX通信機能や起動時間を短縮する「東芝高速スタート」、ピークシフト機能なども搭載。またキーボードには防滴機能があり、バックライトも内蔵されている。

 OSにはWindows 7 Home Premium SP1 64bit版を搭載。OfficeソフトはOffice Home and Business 2010をプレインストールしている。主な仕様は以下のとおり。予想実売価格は15万円前後。発売時期は11月中旬の予定。

dynabook R631の主な仕様
CPU Core i5-2467M(1.60GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス CPU内蔵
ディスプレー 13.3型ワイド 1366×768ドット
ストレージ SSD 128GB
無線通信機能 IEEE 802.11b/g/n、WiMAX
インターフェース USB 3.0×1、USB 2.0×2、HDMI出力、10/100/1000BASE-T LANなど
サイズ 幅316.0×奥行き227.0×高さ8.3~15.9mm
質量 約1.12kg
バッテリー駆動時間 約9時間
OS Windows 7 Home Premium 64bit版
予想実売価格 15万円前後(11月中旬発売予定)

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー