このページの本文へ

Windows 7とAndroidがシームレスで利用できるタブレット

2011年09月23日 11時30分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1台でWindows 7とAndroidが使える、ViewSonic製の10型(1024×600ドット)タブレット端末「Viewpad 10Pro」がSOUTH TOWN437で販売中だ。

1台でWindows 7とAndroid OSが使えるViewSonic製のタブレット端末「Viewpad 10Pro」
ジャイロセンサーを搭載するため、縦向きの利用にも対応Windows 7 Home Premium 32bitの英語版がプレインストールされていた

 Viewpad 10Proは、6月に行なわれたCOMPUTEX TAIPEI 2011でも展示された製品。一見すると、Windows 7を搭載したただのスレートPCのように見えるが、専用アプリケーションを立ち上げるとWidnows 7上の仮想OSとしてAndroid OSが起動するというユニークな仕様が特徴だ。

 7月に登場したデュアルブート可能なタブレット端末XenonはOSを切り替えるのに再起動が必要だったが、このViewpad 10Proは、再起動をせずにOSを切り替えることができる。さらに、Windows 7から見ればAndroid OSは1つのアプリケーションとして認識されるために、システムの切り替えがよりシームレスに行なえる。

製品にプレインストールされていた、仮想OS構築用アプリケーション「BlueStack」を使用して、Android 2.2を起動したところ。ホーム画面上部にWindowsへ戻るボタンが用意されている

 Androidを試しに立ち上げたところ、初回起動にこそしばらく時間がかかったものの、2回目以降は数秒で立ち上がることが確認できた。Windows 7上で動作しているためか、若干もっさりとした感じはするが、重いアプリケーションなどを立ち上げなければ気にならないレベルだろう。

 Android用アプリがどの程度快適に動くかなど、未知数の部分は多いが、Androidアプリの開発用に利用したり、タブレット端末は1台で済ませたいという人にとっては注目かもしれない。

側面には電源コネクター、イヤホジャック、miniHDMI、USBコネクター、SIMカードスロット、microSDカードスロットを搭載

 主なスペックは、CPUにIntel Atom Z670(1.50GHz)を搭載。メインメモリーにはDDR2 2GB、内蔵ストレージとして16GBのSSDを搭載しており、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)、Bluetooth(2.1+EDR)、3G(W-CDMA)の通信機能に対応する。なお、本製品は海外からの輸入製品のため、日本での利用の可否は不明。

 OSはWindows 7 Home Premium 32bit版、Android 2.2が採用され、サイズは幅263×奥行き14.8×高さ170mm、重量は約800g。価格は6万9800円だ。

タッチパネル横にはAndroidで使用するボタン類が搭載されていた背面はプラスチック製パネルが採用されている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART