このページの本文へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第48回

~師範、Debianにも触ってみたいです!~

2011年09月15日 12時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Debianを使う上で必要な知識は?

編集S:ということで、Debian使い始める上で注意することとか、考えるべきことを教えてください。

やまね:Debianって言われてもいろいろあって、Debian GNU/LinuxとかDebian GNU/kFreeBSDとかあるんだけども、まあここでDebian GNU/kFreeBSDとか言われても困るだろうしスルーで……。

ミズノ:ZFS使いたいならアリかもしれませんけど、いきなりだとしんどいかなぁ。

編集S:うむ。Linux限定にしておいていただきたい。

ミズノ:Debian GNU/HurdとかDebian GNU/Minixもありますよ?

あわしろいくや:それはマゾい人向けですな……。

瀬尾浩史:と、とりあえずDebian GNU/Linux限定でいいペン。余計な方向に手を出すの止めるペン。

さかもっちー:えっと、Debian ぐにゅ~/Linuxを使う上でも、sidとかtestingとかあるんですよね?

やまね:なにか発音が違う気がする!

さかもっちー:ぐにゅー?

hito:気にしない気にしない。

小林:「unstable(sid)」「testing」「stable」については説明しないといけませんよね。

ミズノ:unstableが「不安定版」、stableが「安定版」で、testingがその間にある、と。sidはunstableの別名。

編集S:うぬ? 「unstable」って「不安定」って意味とは違うよね?

hito:「stableではない」という意味しかないですね。不安定とは限らないというか。

あわしろいくや:「安定」と「安定でない」と「不安定」の三段階あるとすると、二段階目なんですな。

やまね:ここを見てもらうのがいいんだろうけど、まず開発の流れをざっと説明すると、Debian開発者はsidにまず新しいパッケージを入れます。それが条件を満たすとtestingにも落ちてきます。

編集S:ふむ。sidはUbuntuで言う「次期リリースのBetaより前」の状態がずっと続いてるイメージ?

さかもっちー:そんな感じですねー。

hito:Beta過ぎると新規パッケージの追加はいろいろと手続きをしないといけませんし、よく似てますね。

ミズノ:危険度もそんな感じ?

hito:どうだろう。sidもそんなに無法地帯じゃないし。……っていうのはあとでやりましょう。

やまね:で、きちんとリリースのためのバグつぶしが終わると、「stable」がリリースされます。

小林:Release Criticalに分類されるバグが全部つぶせないとリリースされない、というのも特徴ですね。

あわしろいくや:現在の最新は6.0(squeeze)ですな。

hito:みんなsqueezeとかwheezyとか、開発コードネームでしか呼ばない気もしますけどね……。

編集S:ふむふむ。で、Debianを使ってみよー、っていう人はどれを使うのがいいのかな。

やまね:Linuxに関する自信があればsid、なければstable、って感じで。

hito:stableはパッケージが古くなりがちではあるんだけど、今だとそんなに古くない、というか、Lucid(Ubuntu 10.04 LTS)よりは新しい気がするんで、stableでもいいかなー。

やまね:でも、「Debian使ってみたらパッケージが古かった」と言い出す前に、sidを使ってみてほしいなぁという気はする。

あわしろいくや:stableを入れてます! とか言いながらDebian 4.0ぐらいでアップデートされてない、というパターンもありますな。

やまね:/etc/apt/sources.listに「etch」って書いちゃってそのままなんだろうなぁ。

ミズノ:「stable」って書いておけば、新しいstableが出たタイミングでアップグレードかかりますからね。

あわしろいくや:それが嫌だから「etch」って指定しておいて、そのまま、と……。

小林:適切なタイミングでのアップグレードは重要ですね。

編集S:ふむ。sidか、「stableを適切にアップグレードしながら」使う、っていうことね?

やまね:そんな感じで。

さかもっちー:ぐにゅー。testingは?

やまね:testingは、特定のタイミング(リリース前のフリーズ期間)に入らないと依存関係で問題が出やすいので、使いこなすのが大変だから気にしない方がいいと思うなー。

hito:testingはマゾい人とか開発者向けですよねー。

編集S:あれ、sidが開発者向けじゃないの?

あわしろいくや:sidは普通の人でも使えますな。もちろん開発者向けでもあるんですけど。

やまね:極端に危なそうなものはexperimentalっていう別の場所にいれることになっているので、「悲惨なことは起きないはず」と開発者が考えているものがsidには入ってきます。

編集S:ふむ。ポカミスとか、予想してなかった想定漏れ以外は大惨事にはならないのね。

ミズノ:とにかくやってみるかー、っていうアミバ的アプローチはしない、と。

やまね:あと、放置プレイしたいならstableで入れてunattended-upgradeを設定しておくといいんじゃないかなあ。

瀬尾浩史:結局、慣れてるならsid、不慣れならstable、サーバー作るならstable、っていう理解でいいペン?

やまね:そんな感じで。日常使用にはsid使ってます。ミラーサーバにはstableで。


この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン