このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第48回

~師範、Debianにも触ってみたいです!~

2011年09月15日 12時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
清く正しい(?)チームリーダー 小林準
日本語入力とラノベは俺に任せろ あわしろいくや
サーバーと交渉ごとに暗躍する hito
Ubuntuもいいけど、でびあんもね! やまねひでき
GUIなんて飾りと言い切るEmacsist ミズノ(水野源)
マンガ『うぶんちゅ!』作者&挿絵担当 瀬尾浩史
Ubuntu Studioの使徒、さかもっちー。口癖は「ぐにゅぅぅぅ」。特技は走ること

編集S:今回は「Debianにも触ってみよう」なんていうタイトルにしてみたんで。よろしく。

瀬尾浩史:ハードコア路線はイヤペン。司会進行しにくいペン。……などと供述しており……。

あわしろいくや:ムチャぶりの山についにセオペン先生が壊れかけですな。

hito:ま、まぁUbuntuとDebian似てるからっていうか、Debianから派生してるんだからきっと大丈夫! ハードコア路線にはならないはず。

小林:UbuntuのベースはDebianですから、一緒に触ってみるのはいいことですね。

編集S:「他のディストリビューションにも触ってみよう」にしようかと思ったんだけど、Red Hat Enterprise Linux講座とか始まるのはちがうなーって思ったんで。

瀬尾浩史:それ、もはやUbuntuほとんど関係ないペン……。

編集S:今回も編集Sがぷすんぷすんぷしゅーってオーバーヒートしない範囲でお願いしたい。

ミズノ:じゃあNetBSD講座でも……。

hito:関係ない上、オーバーヒートの危険増えてるよ!

ミズノ:じゃあMac OS X講座。

あわしろいくや:なんでやねん……。

編集S:ハリセンかました方がいいかなぁ。壊れかけたアナログテレビみたいに、斜め45度でチョップすれば直るかもしれない。

ミズノ:ガクブル。

さかもっちー:ナチュラルにバイオレンスな空間が広がっています……。

hito:NetBSDはともかく、不足してるパッケージをオレオレビルドするためのpkgsrc講座とかgentoo prefix講座はやってもいいかもしれないけど、その前に普通のパッケージング講座だよね……。

あわしろいくや:パッケージング講座の時点で読者のみなさんがドンビキする絵が浮かびますな……。

編集S:その前に「オレオレパッケージの作り方」とかは?

hito:アップグレード時にめんどくさいことになるから、あんまりお勧めしたくなかったり。

あわしろいくや:バージョン番号とかライブラリの不整合とか、いろいろ面倒ですからなぁ。

編集S:ぷすんぷすんぷしゅー。とりあえずなんか難しいらしいことだけが分かった。

ミズノ:じゃあ今日から始めるプログラミング講座。もちろんEmacsで。

編集S:……そこまでハードコアなのは企画時点で止めるんで。ハリセンで物理的に。あとEmacs関係ない。

さかもっちー:物理的にって。

hito:刃物ですからねぇ、あのハリセン。

ミズノ:迂闊に喰らうと首をはねられるらしいです。なんという凶悪武器。

編集S:日本刀鍛冶に研ぎに出してるんで。

瀬尾浩史:いや、編集Sさんまでカオス空間を広げないでほしいペン……。コミケ明けで真っ白なセオペンにはキツイペン……。

ミズノ:あれ、セオペン先生を某ネトゲで頻繁に見かけたような。

編集S:ほほう。

瀬尾浩史:バラすのダメペンー!?

編集S:次にセオペン先生から原稿を取り立てるときはゲームの中、と……。

瀬尾浩史:ペンー!?


前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン