このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

長~く使える極上のPCケース2011 ― 第6回

読者プレゼントあり

長~く使える極上のPCケース2011【その他番外編】

2011年09月23日 12時00分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5回にわたってお届けしたPCケース特集に非常に多くの反響をいただいた。ぜひ紹介してほしいと要望の多かったZALMAN製ケースをはじめ、注目度の高い4製品を番外編として紹介していこう。

記事の最後に読者プレゼントがあります

ZALMAN「Z9 Plus」

●URL:http://www.zalman.com/jpn/product/cases/Z9plus.asp
●実売価格:4980円前後

ミドルタワーとしては比較的コンパクト。サイドパネルの通気口にZALMANらしさが伺える

ミドルタワーで冷却を極めたい!

 韓国ZALMANといえば、ジェットコースター型や観覧車型と呼ばれる放熱フィンを円状に並べるユニークな形状のCPUクーラーでおなじみのメーカーだ。同社の製品は冷却性能が高いことで知られており、今回紹介するケースもミドルタワーながら冷却ファンを最大6基も搭載可能な尖った仕様となっている。

リアと天頂にそれぞれ1基ファンを装備しているが、天頂はフロントよりにもう1基ファンを追加できる。実売4980円前後と安価でありながら、4基のファンを標準装備し、最大6基まで増設可能な高冷却PCケースとなっている

標準で120mm角ファンを4基搭載
さらに2基も追加可能

 ケースサイズは一般的なミドルタワーサイズで、あまり高い冷却性能があるようには見えない。むしろ、ミドルタワーでもコンパクトに見えるほどだ。フロントデザインは5インチベイがメッシュ仕様のベゼルを採用し、下半分はメッシュ部分が“Z”の形に見えるようにカバーがかけられている。フロントをフルメッシュに見せないことで、なかなか個性的な顔立ちに仕上がっていると言えるだろう。このZ部分には120mm角吸気ファンが搭載されている。

フロントはメッシュ仕様だが、下半分は“Z”の文字に見えるようデザインされている電源ユニットは下配置タイプ。リアファンの下に水冷用のホース穴が2つ用意されている

 ファンはフロントだけではない。天板には大きく通気口スペースが用意されており、ここにも120mm角排気ファンが1基搭載済みだ。さらにリアとサイドパネル下部にも120mm角ファンがそれぞれ1基ずつ搭載されおり、なんと標準で4基もの吸排気ファンが用意されていることになる。

写真の通気口左下にあるファンは標準装備のもの。オプションで通気口右上にもファンを追加可能ベイはユニットではなく作り付け。ドライブは専用アタッチメントで取り付ける。マザーボード裏の配線用スペースがかなり余裕のある作り

 ケースサイズはコンパクト気味のミドルタワーなので、内部はひっきりなしに空気が入れ替わるほどの流れを作ることが可能と言えるだろう。驚くべきことにサイドパネル上部と底面にも120mm角ファンを追加可能となっており、さらにエアフローを強化することも可能である。このやり過ぎとも思える徹底ぶりにZALMANのこだわりが感じられる。

ツールフリーで操作性の高いベイ

 ベイはオープンとシャドウ合わせて5インチが3基、3.5インチが6基と十分な数を備え、さらにSSD用に2.5インチも1基装備する。ユニークなのは、フロントI/Oパネルが5インチベイユニットになっていてユーザーの好きな場所に移設できることだ。もちろん、このI/Oユニットを外せば5インチベイの空きが1つ増える。

フロントI/Oパネルは5インチベイユニットになっているため、ユーザーの好きな場所に移設可能だマザーボード部の裏側、つまり右サイドパネルを開けたところに2.5インチベイを1基装備する

 3.5インチベイはサイドから装着するタイプでSATAや電源コネクタはケース奥側に取り付けるシステム。裏配線機構がしっかり準備されているからこその芸当だ。取り付け作業もツールフリーのアタッチメントが付属するのでお手軽で使い勝手がよい。
 ミドルタワーなのでマザーボードスペースはあまり広くはないが、全長290mmのビデオカードに対応する。CPUクーラーメンテナンスホールや裏配線、水冷ユニットチューブホールにも対応し隙のない作りである。

ミドルタワーであるがドライブベイの数は豊富。そのぶん、3.5インチベイのドライブ間はすき間が少ないHDDは付属のアタッチメントによりツールフリーで取り付け可能。防振機能も同時に持っている
全長約270mmのビデオカードを取り付けても数cmほど余裕がある。PCI Express用の補助電源コネクターの位置が悪いカードでもこれなら問題ないレベル

大量のファンを取り付けたくなるケース

 天頂、フロント、サイドと通気口だらけのため静音向けには厳しいが、ガッツリと冷やしたいユーザーやLEDファンで派手に電飾させたいユーザーにはかなり魅力的なケースと言えよう。ミドルタワーでこれだけファンを詰め込めるという点も評価ポイントである。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中