このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Sony Tabletハードウェアチェック

「Sony Tablet S」「Sony Tablet P」ファーストインプレッション

2011年09月06日 12時00分更新

文● 後藤宏

 ついに正式発表された、「Sony Tablet」。ラインナップは、偏重心デザインを採用した独特の形状をした「Sony Tablet S」シリーズ、折り畳み形式でコンパクトサイズを実現した「Sony Tablet P」シリーズの2種類だ。レビュー第1弾に続き、ファーストインプレッションを交えつつ、それぞれのシリーズのスペックまわりを徹底的にチェックしていこう!

AV機器のリモコン代わりにも使える
「Sony Tablet S」シリーズ

 まずは、Sony Tablet Sシリーズからチェックしよう。OSにAndroid 3.1を採用したWi-Fiモデルを2機種、Android 3.2でWi-Fiと3G通信機能を備えたモデルを1機種ラインアップしており、ストレージの容量やバッテリー駆動時間などが異なっている。

「Sony Tablet S」
主な仕様
製品名 ソニー「Sony Tablet S
型番 SGPT111JP/S
(Wi-Fiモデル)
SGPT112JP/S
(Wi-Fiモデル)
SGPT113JP/S
(Wi-Fi+3Gモデル)
店頭想定価格 約4万5000円 約5万3000円 未定
プラットフォーム NVIDIA Tegra 2(1GHz)
ストレージ容量 16GB 32GB 16GB
ディスプレー(解像度) 9.4型IPS液晶(1280×800ドット)、LEDバックライト
サイズ 横幅約241.2×縦174.3×厚さ10.1(最厚部20.6)mm
重量 約598g 約625g
OS Android 3.1 Android 3.2

前へ 1 2 3 4 5 次へ