このページの本文へ

西日本のデータセンターという選択肢 ― 第11回

月額6万3000円~で都内4カ所のデータセンターから大阪まで

大阪へ遠隔バックアップ!ビットアイルの「Smooth Backup」

2011年08月26日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月24日、ビットアイルは都内4カ所の同社データセンターにある顧客データを、約500km離れた大阪にリモートバックアップする「Smooth Backup」を発表した。

「Smooth Backup」の概要(同社サイトより抜粋)

 対象はビットアイルデータセンターのコロケーションラックおよび同社のクラウドサービス「サーバオンデマンドNEXT」の顧客システムデータ。バックアップは顧客のOSのエージェントを使い、ファイルやフォルダ単位で日々差分を転送。インターネットVPN経由で行ない、最大15世代までの保存が可能。故障時や誤操作によるデータ消失の際は、ファイルやフォルダ単位でリストアできるという。

 

 バックアップ先となる大阪データセンターは震災以降のDRサイト構築やデータセンター分散のニーズを受け、2011年6月に開設したもの。月額料金は6万3000円(税別)から。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
ピックアップ