このページの本文へ

i3planet、倉庫管理システム搭載のECサイトパッケージを開発

文●通販通信

2011年08月22日 09時34分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 i3planetは8月19日、これまで販売していたECサイト構築パッケージに加え、WMS(倉庫管理システム)を新たに搭載することで、通信販売に関わる受注管理、在庫管理・引当、ピッキング、梱包チェック・配送、入庫等物流倉庫内での処理などのプロセスに対応するパッケージ「Open-ECommerce2.0」を開発したと発表した。

 同パッケージは、ECサイトを構築できるだけでなく、すべての物流倉庫や通販事業者で利用できるASPおよびパッケージソフトウェアとして開発。

 同ソフトウェアを利用することで、「楽天、Yahooショッピング、Amazonからの受注取り込み作業」、「在庫管理のほかに自動で不足品が出た場合に自動で仕入候補を出力」、「倉庫と荷主間のコミュニケーションを出来る限り自動化」など、一元管理が可能なソフトウェアが月額2万9800円から利用できる。

 同社は今後、対応ハンディターミナルの拡大、CMS(コンテンツマネジメントシステム)の大幅機能アップなど、パッケージの拡張を予定している。

カテゴリートップへ

ソーシャルランキング
  1. ファンを増やすお店作りの秘訣は?ウェブサイトでできる最新事例 3
  2. 無料の店舗向けウェブセミナー開催 1
  3. 独立開業に役立つノウハウやウェブ活用術を学べるセミナー 1
  4. 飲食店・美容室の独立開業に役立つ特別セミナーを開催 1
  5. 無料で受けられる店舗経営のウェブ活用セミナー 開催日時迫る 1
  6. フロントエンド開発の現場で役立つJavaScriptの知恵10選 79
  7. CSSフレームワーク、モダンJavaScript、AmazonのUX…2017年のアクセス1位は? 31
  8. 変態的CSSからFlexboxまで!2016年話題になったHTML&CSS記事ベスト20 21
  9. やっぱりトップはあの記事でした!WordPress関連で2016年話題になった記事ベスト20 17
  10. いまこそみんなが絶対読んでおくべき「王道SEO」人気記事ベスト10 17
  11. Facebook、Twitter、はてなブックマークでのエンゲージメント数をもとに算出
最新記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く