このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ミクZ4、3年目の本気! SUPER GT激闘記 ― 第28回

ミク、イカ娘、ハルヒ、それぞれの鈴鹿が迫る!

2011年08月19日 22時09分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

鈴鹿前夜! ミクGTチームは生放送で闘魂を燃やす!

 SUPER GT 鈴鹿戦まであと2日と迫った18日。GSRの生放送が行なわれた。実はSUGO戦の後はイベント(可夢偉選手とのカート大会や右京さんとの走行会など)が続いたため生放送がなかった。久々の生放送となる。

 そんなわけで、今回の生放送のテーマではSUGO戦を振り返る。そして、番場選手による鈴鹿サーキット攻略法がメインテーマとなった。SUGO戦については、番場選手自らがGT500マシンとの接触、そしてコースアウトから脱出までに何があったのかを、テレビなどでは映らなかったエピソードとしてひとしきり語った。

今回は谷口選手は欠場。番場選手がトークで盛り上げた
「ソファーの色と同化してる」とコメントで突っ込まれたくらい色黒になっていた鈴木代表SUGOでの様子を熱く語る大橋監督

 次に鈴鹿サーキット攻略法。鈴鹿といえばF1ドライバーも好きなサーキットに挙げるほど、テクニカルさで世界的に有名なサーキットだ。緩急に富んだコーナーの数々、2つのストレートと立体交差が組み合わさったコースレイアウトは、多くのドライバーに愛されている。そんなサーキットの攻略を番場選手が、「ドライ前提で」と前置きしたうえで、JAF-GT勢とFIA-GT勢でどのくらい差がつくのか、抜くポイントはどこかなどを解説した。ちなみに番場選手が好きなポイントは「130R」で、クルマによってはアクセル全開で駆け抜けられるコーナーだそうだ。

プロの視点から、難攻不落と言われる鈴鹿サーキットを解説

 途中、裏番組のイカ娘フェラーリの生放送と画面上でコミュニケーションしつつ、最後はあつこちゃんが鈴鹿サーキットで売られるグッズを紹介した。富士戦の応援シートも紹介してくれたぞ!

イカ娘フェラーリチームの生放送とやり取りをするGSRの生放送。目の前のノートPCには2つの生放送が同時に表示されていた

 鈴鹿サーキットは2008年にミクZ4がデビューした場所であり、2009年には番場選手がミクZ4の3rdドライバーとしてGTに復帰を果たした記念すべきサーキットだ。4回目の挑戦となる今年は、どんなドラマが待ち受けているのだろうか? それを見届けるためにも鈴鹿へGO!

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社