このページの本文へ

FOXCONN「Z68A-S」

FOXCONN初のZ68搭載マザーはPCI×3本搭載で1万円割れ

2011年08月11日 22時02分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FOXCONN製としては初のZ68チップセット搭載マザーボード「Z68A-S」が発売となっている。

「Z68A-S」 FOXCONN製としては初のZ68チップセット搭載マザーボード「Z68A-S」

 ATXフォームファクター採用の同製品は、高い耐久性を実現する日本製固体コンデンサを採用し、高効率で低発熱を実現している。また、CPUやメモリ情報などマザーボード情報がモニタできるFOXCONN独自のユーティリティソフト「FOX ONE」に対応する。
 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3で、メモリスロットがDDR3-DIMM×4(DDR3 1333/1066、最大32GB)。オンボードインターフェイスとして、ギガビットイーサネット(Realtek/8111E)、8chサウンド(Realtek/ALC888S)、SATA2.0×3、SATA3.0×2、eSATA×1、USB3.0×2などを装備。I/O部にはグラフィック出力機能としてDVI-D/D-subを備える。
 価格は9980円。クレバリー1号店やツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

POP
販売価格は1万円弱とZ68搭載のATXモデルとしては最安クラスを実現している

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中