このページの本文へ

同様の脆弱性はAdobe AIR 2.7以前にも

「10.3.183.5」以降への更新を!Flash Playerに脆弱性

2011年08月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月10日、JPCERT/CCはAdobe Flash Player 10.3.181.36以前には複数の脆弱性があると注意喚起を行なった。

早急に「Flash Player 10.3.183.5」以降への早急なバージョンアップが必要だ

 この脆弱性を悪用すると、細工したコンテンツをユーザーに開かせることで、Adobe Flash Playerを不正終了させたり、任意のコードを実行させたりする可能性があるという。対象となるバージョンは、

  • Adobe Flash Player 10.3.181.36以前
  • Adobe AIR 2.7以前

となる。現在利用しているFlash Playerのバージョンは、以下のページで確認可能だ。

Adobe Flash Player:Version Information

 アドビでは脆弱性を修復した新バージョン「Flash Player 10.3.183.5」「AIR 2.7.1」をすでに公開している。該当するユーザーは早急にバージョンアップを行なおう。


カテゴリートップへ

ピックアップ