このページの本文へ

NOFAN「Nofan A40」、「Nofan A43」

巨大CPUクーラーと電源内蔵の完全ファンレスPCケース

2011年08月02日 22時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 巨大ファンレスCPUクーラーとPCケース、ファンレス電源がセットになったNOFAN製のケースキット「Nofan A40」と「Nofan A43」が発売となった。

ファンレス
NOFAN製の完全ファンレスケースキット「Nofan A40」と「Nofan A43」が本日発売。CPUクーラーと電源、ケースがセットになったキットだ

 この製品は、巨大ファンレスCPUクーラー「CR-100A」と電源ユニット「P-400A」、PCケース「CS-30」(Nofan A40)もしくは「CS-60」(Nofan A43)が一体となったファンレスキット。
 CR-100Aは、ノイズフリーを実現する、直径222mm(高さ132mm、重量783g)のファンレスCPUクーラー。TDP100WまでのCPUに対応し、「アイスパイプ」と呼ばれるフィンとヒートパイプでCPUの熱を放熱するという。ただしサイズはご覧の通りで、マザーボード上のCPUソケット側の拡張スロットは事実上使用不可となる点には注意が必要だ。なお対応ソケットはLGA 1155/1156/Socket AM2/AM3/AM3+/FM1となる。

「CR-100A」
ノイズフリーを実現する直径222mm(高さ132mm、重量783g)のファンレスCPUクーラー「CR-100A」。TDP100WまでのCPUに対応する
POP
価格はそれなりといったところだが、あれこれ考えずとも手軽にファンレス化が可能となる便利なキットとなる

 電源ユニットP-400Aは、80PLUS BRONZE認証を取得したファンレス仕様で、定格出力は400W。
 Nofan A40で採用されるPCケースCS-30は、フロントパネルや両サイド、トップがメッシュ加工となる通気性に配慮した作りが特徴。サイズが172(W)×415(D)×380(H)mmと小型ながら、電源ユニットをフロント寄りに縦にマウントすることで、小さい筺体でATXサイズのマザーまで搭載可能としている。
 もう一方のNofan A43で採用されるPCケースは、どう見てもアノ製品。詳細はリンク先を参照していただきたいが、現在でも人気のPCケースということで、ユーザーにはありがたいコラボモデルとなる。
 価格および販売ショップは以下の通り。あれこれ考えずとも手軽にファンレス化が可能となる便利なキットだけに、比較的初心者のユーザーにとってもアリな製品かもしれない。

電源ユニット
電源ユニット「P-400A」は、80PLUS BRONZE認証を取得したファンレス仕様。本体にヒートシンク上のギミックを備えるほか、「Nofan A40」(右)ではフロント寄りに縦にマウントされる
「Nofan A43」
「Nofan A43」。採用ケースはあのモデルだが、PCケース単体でも人気のモデルだけにユーザーにはありがたいコラボモデルかもしれない
価格ショップ
「Nofan A40」
¥35,780TWOTOP秋葉原本店
¥35,800オリオスペック
フェイス秋葉原本店
TSUKUMO eX.
¥36,180ソフマップ秋葉原リユース総合館
「Nofan A43」
¥39,780TWOTOP秋葉原本店
¥39,800オリオスペック
フェイス秋葉原本店
TSUKUMO eX.
¥39,900ソフマップ秋葉原リユース総合館

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

女子モテ☆ハロウィンPC自作に挑戦in大阪

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中