このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第210回

光と影をうまく使っていろんな雰囲気の猫を撮る

2011年07月29日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「おっと、誰か来たようだ」とタイトルをつけてみた。ちょっとあわてたような左手がポイント(2011年4月 ソニー NEX-5)
「おっと、誰か来たようだ」とタイトルをつけてみた。ちょっとあわてたような左手がポイント(2011年4月 ソニー NEX-5)

 車のすぐ横にネコがいて、日差しをきれいに浴びていて、カメラを向けたら大あくびをして、「やったっ!」と思って口を開ききった瞬間を狙って撮ったのが下の写真である。

「完璧なタイミングっ」と思ったら、顔が、ほんとに顔だけが日陰に入っていた。ちょっと悔しかった(2011年7月 パナソニック DMC-G3)「完璧なタイミングっ」と思ったら、顔が、ほんとに顔だけが日陰に入っていた。ちょっと悔しかった(2011年7月 パナソニック DMC-G3)

 残念。あくびするとき、顔をちょっと横に向けたおかげで、一番撮りたかったところが日陰に入っちゃったのである。

 まあしょうがないですな。かくして、“光と影”は写真を助けたり、意地悪したりするのである。

たまたま木漏れ日の真下にいたのである。暖かいからそこにいた、って可能性は無きにしもあらずだが、いくら何でも7月だしね(2011年7月 パナソニック DMC-G3)
たまたま木漏れ日の真下にいたのである。暖かいからそこにいた、って可能性は無きにしもあらずだが、いくら何でも7月だしね(2011年7月 パナソニック DMC-G3)

 その真逆の例がこちら。特に照明を当てたわけでもないのに、アスファルトに座り込んでいる猫だけが明るい。地面をよく見ると、ちょうど猫がいるところにだけ木漏れ日が差してたのだ。

 天然で自然で偶然のスポットライトである。だから猫がきれいに浮かび上がってくれる。お天道様ありがとう。

寒い冬の日、たまたま目の前を猫が通り過ぎていったので、たまたま持ってたカメラで即座に狙って見た(2011年2月 ソニー NEX-5)寒い冬の日、たまたま目の前を猫が通り過ぎていったので、たまたま持ってたカメラで即座に狙って見た(2011年2月 ソニー NEX-5)

 背景がたまたま暗いときも有難い。歩いていたら、日向を三毛系の猫がのしのしと偉そうな顔で歩いていたのでとっさにしゃがんで撮ったのである。

 日差しが猫の後ろから当たっていて、その奥は建物や木の影が落ちていてほどよく暗いため、猫がきれいに浮かび上がったのだ。おかげで「のしのし感」が出た。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART