このページの本文へ

SMSの受信設定もチェックしよう

今日から各社のケータイ同士でSMSの送受信開始

2011年07月13日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 既報のとおりに(関連記事)、今日7月13日からNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイル)の各社間で、SMS(ショートメッセージサービス)の相互接続が開始された。

キャリアの組み合わせによっては、受信まで若干時間がかかったケースもあったが、ケータイメールとは明らかに違う手軽さや便利さもあるSMS

送信側にパケット定額とは別の
料金が必要な点は要注意

 SMS(auではCメールと呼称)は、携帯電話の電話番号を宛先として送信できるテキストメッセージである。送信先の携帯電話がエリア内にいればすぐに届く利便性の高さに加え、標準仕様として盛り込まれたこともあり、世界的には広く利用されている。しかし、日本では同一キャリア同士でしか送受信できず、あまり使われてこなかった。

 また、日本で一般的な「キャリアメール」とは異なる特徴をいくつか持つので注意が必要だ。文字数は全角最大70文字まで。送受信できるのはテキストのみで、写真の添付などは不可能。送信先の携帯電話が圏外や電源オフの場合でも、最大72時間リトライしてくれる。

 料金については送信側/受信側ともにパケット料金が必要なキャリアメールと異なり、送信側にのみ料金がかかる。ただし、この料金はパケット定額とは別枠になるので注意が必要だ(ソフトバンクは従来ソフトバンク宛のSMSは無料だったが、他キャリア宛は有料である)。詳しい料金は下の表を参照してほしい。

  1通あたりの送信料 送信料が無料通話付きプランの無料分に含まれるか
NTTドコモ 3.15円
au 3.15円
ソフトバンク
(ホワイトプラン)
3.15円
(ソフトバンク宛は無料)
イー・モバイル 2.1円

そもそもSMSを受け取りたくない人向けの
受信拒否の設定方法はコレだ!

 電話番号しか知らない仕事相手などにも手軽にメールで連絡をとれる、キャリアメールのアドレスに縛られず、MNPによるキャリアの移行も楽になるといった特長を持つSMSではあるが、一方でそのメリットは迷惑メールの可能性も考えられる。

 もっとも、送信側に別途料金が必要で、またSMSの送信規制を強化したキャリアもあるなど(たとえばソフトバンクの場合、送信数制限を1日最大500通→1日最大200通にした)、組織的な迷惑メールが急に増加するとはやや考えにくい。とはいえ、そもそもメールアドレスを教えていない相手からはメールを受け取りたくないという人向けに、SMS全体を受信拒否する設定方法もあるので紹介しておこう。

●NTTドコモ:[iMenu](スマホの場合は「ドコモマーケット」)→[お客様サポート]→[各種設定(確認・変更・利用)]→[メール設定]→[詳細設定/解除]→[SMS拒否設定]

●au:「Cメール利用制限」は問い合わせ窓口に連絡(au携帯電話からは157にダイヤル)

●ソフトバンク:[MySoftBank]→[メール設定]→[迷惑メールブロックの設定]→[個別設定]→[受信許可・拒否設定]→[電話番号メール/許可・拒否設定]


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART