このページの本文へ

MARKETING 繁盛店からヒントをつかめ!ECサイト研究レポート ― 第1回

理念あるリニューアルで前年比140%のYシャツ店

2011年07月13日 10時01分更新

三浦たまみ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

インターネット消費の一般化とともに拡大を続けるEC業界。だが流通大手やメーカーの相次ぐ進出で、生き残りは厳しさを増している。他を寄せ付けない“強いECサイト”は何を考え、何を実行しているのか? いま注目のECサイトの運営者に、EC事業の戦略から具体的なマーケティング施策まで話を聞く。(編集部)

ワイシャツ専門店「ozie」。2011年にリニューアルオープンしたサイトは圧倒的な品揃えを印象付けるトップページで訪問者を迎える

この記事が参考になる業種

  • ファッション/アパレル
  • 家具/インテリア
  • 食料品一般

 たった1枚の白いワイシャツも、襟型の違い、素材の違い、カフスの違いなどによって、何百、何千通りのデザインができあがり、それぞれの表情はずいぶん異なる。2002年にオープンしたワイシャツ専門店ozie(オジエ)は、すべての商品を自社で企画し、そのほとんどを数量限定で販売するECサイト。バリエーションの豊富さは、トップページを見れば一目瞭然だ。

「ワイシャツは、『シャネルの〇〇番』などと指名買いする商品ではありません。『なにかいいワイシャツはないかな?』とサイトを訪れるお客さまに、『うちは、これだけのデザインの商品が揃っていますよ』とアピールして、初めて興味を持ってもらえます。そこで、2004年からは、最低でも週に1種類は新商品を出す! という“ノルマ”を自らに課しています」(店長の柳田敏正氏)

ozie店長の柳田敏正氏

 毎週発売される新商品はすぐさまメールマガジンで顧客に告知する。ワイシャツは季節によって需要が大きく変動するので、2月の閑散期は週に1、2種類の新商品をアップ、長袖・半袖の両方が揃う6月の繁忙期は多いときで20種類もの新商品を投入するという。

 随時、新商品を企画し、小ロットでもすぐに形にできるのは、母体である(株)柳田織物がもともと大正時代から続くシャツ専業メーカーであり、国内外に製造委託工場を持つ事業基盤があったからだ。

「それでも、毎週欠かさずに新商品をアップし、6年続けるのは正直骨が折れました。繁忙期に、新たな商品を10点、20点とアップするときは、スタッフが悲鳴を上げ、職場は“戦場”と化します(笑)。だけど、地道にコツコツと努力した結果、『常に新しいデザインのワイシャツが手に入る』とファンになってくれるお客さまが確実に増えました。それをモチベーションにモノ作りに励んでいます」

 現在、ネットショップで販売する商品は、シャツだけで常時500点以上。ネクタイなどの小物も合わせれば1000点を超えるまでになった。

ozie(オジエ)

http://www.ozie.co.jp/

  • 運営会社:株式会社柳田織物
  • オープン:2002年
  • 従業員数:15名(うちネット通販事業専業5名)
  • 年商:1億4000万円(EC事業のみ)

1970年創業(前身は1929年創業)の柳田織物が運営するワイシャツ販売の専門サイト。バーニーズニューヨークで接客経験を磨いた4代目の柳田敏正氏が中心となり、2002年にオープン。2011年1月、全面リニューアル。

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング