このページの本文へ

今夏のdynabookは全モデルがピークシフトに対応

無償提供の「東芝ピークシフトコントロール」で夏の節電を

2011年07月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月8日、東芝は電力需要の平準化に貢献する「ピークシフト」機能を提供するソフトウェア「東芝ピークシフトコントロール」の無償公開を開始した。

日中のバッテリー充電禁止などが可能な「東芝ピークシフトコントロール」

 東芝ピークシフトコントロールは、シャットダウン状態でもAC電源からの電源供給をコントロールする。設定したバッテリー充電禁止時間中にPCをシャットダウンしても、バッテリー充電されることがないため、夏の日中などの電力ピークの時間帯の省電力化につながるという。

 今回公開されたソフトウェアの対象は、同社のノートPCの2011年夏モデル、

  1. dynabook Qosmio T551
  2. dynabook T551
  3. dynabook T351

の3機種。すでに、dynabook 851/T751/R731には標準搭載されており、これによって、今夏モデルのノートPC全機種にあたる6機種22モデルでピークシフト機能が利用可能になった

 なお東芝では、夏の電力不足に対応するため、ピークシフトやecoモードの設定など上手に節電する方法を記載したPC版「節電book」を用意する。これは、店頭で入手できるほか、同社のWebサイトからダウンロードすることも可能だ。

PDFで提供されるPC版「節電book」

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー