このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

OS X Lion移行計画(前編)〜不要なファイルを“断捨離”〜

2011年07月04日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「OS X Lion」のリリースまで、あとわずか。しかし新OSの登場に喜びつつも、「アップデート実行前にHDDを整理したいが、捨てていいファイル/フォルダーの基準が分からない」と悩むユーザーは少なくないはず。そこで今回、Lion移行を前にした「OS X版断捨離問題」の一助となるべく、要不要の基準と役立つユーティリティを紹介してみよう。

7月にリリース予定の「OS X Lion」。いきなりアップグレードせず、まずは「不要なファイルの削除」、次に「バックアップ」を励行したい

新規、上書き、いずれにしても「断捨離」すべし

 1GBあたりの単価が10円を下回るHDDも珍しくない現在、OSのアップグレードや新規インストールのようなデータ消滅の危険性を伴う処理には、新規購入したHDDを使用したほうがいい。2.5インチの内蔵型(バルク品)なら容量500GBの製品が5000円程度から販売されているため、データ消滅の危険を回避できると考えれば安いもの。

 上書きを選択するにしても、アップグレード実行前は既存HDDのバックアップを欠かすべきでない。外付けHDDであれば、容量2TBの製品が今なら1万円程度で買える。もし、意識しないままパーティションを変更してしまえば……HDD上のデータがすべて消えてしまう。多少の時間はかかるが、データ復旧で右往左往することに比べればはるかに合理的だ。

I-O DATA 東芝<レグザ>対応 USB 2.0/1.1接続 外付型ハードディスク 2TB HDC-EU2.0K [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] I-O DATA 縦置き・横置き両対応USB接続外付ハードディスク 2.0TB HDE-U2.0J [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)] BUFFALO USB2.0 外付けハードディスクドライブ 2.0TB HD-CL2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

 そして、バックアップ前に忘れてはならないのが、不要なファイルを削除する「断捨離」だ。新しいHDDに換装するならば不要とも思えるが、あとからファイルを探すハメになった場合には、不要なファイルがあるとそれだけ検索の手間と時間がかかる。去るものは日々に疎し、現在ならその内容が分かる一見意味不明のファイル名も、1年後には見当もつかなくなるはず。過去のモノにしてしまう前に、キチンと整理しておくべきなのだ。

(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中