このページの本文へ

必携!必読! Androidアプリ ― 第28回

Androidで動く本格エディターならこれ 「Jota Text Editor」

2011年07月01日 12時00分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

固定幅フォントに加え、折り返し幅の指定も可能
タブレット端末やノート型デバイスでさらに便利そう

Jota Text Editor 0.1.08

作者:Aquamarine Networks.
価格:無料(寄付歓迎)


 フルタッチ型のスマートフォンでは、本格的なテキストの編集をすることはあまりないだろうが、画面の大きなタブレット端末では「これならノートPCのようにテキストを打てそうだ」と思う人も少なくないはずだ。今回紹介する「Jota Text Editor」は、そんな人に適した本格派のテキストエディターだ。

Android用の本格テキストエディターの「Jota Text Editor」。ボリュームボタンで上下スクロールできるので、個人的には送られてきた原稿をチェックするのに活用している

 テキストエディターということで、基本的に見た目はシンプルだが機能は豊富。特に日本語の原稿を執筆する際、今でも「1行の文字数×行数」といった感覚で作業を始める人も多いだろう。Jota Text Editorでは固定幅のフォントにしたうえで、縦/横画面で折り返し幅を設定できる。さらに行番号の表示機能もあるので、文字数を確認しながらの編集が可能なわけだ。

フォントを固定幅に変更したり、折り返し幅の設定なども可能
このように文字数があらかじめ決まった原稿などを執筆するのにも便利だ

 コピー&ペーストやアンドゥなど主要な編集機能はもちろんひととおりそろっているほか、正規表現による検索も可能。テキストを選択する際は大きなガイドが表示されて、それをスライドすることで範囲指定ができるのも使いやすい。さらに保存時の文字コードや改行コードを設定可能で、さまざまな環境の人とテキストファイルをやり取りする際に役に立つ。

 今回は実際に試してみることができなかったが、ノートPC型のAndroid端末である「dynabook AZ」や「LifeTouch NOTE」といったデバイスの特殊キーにも対応しており、各種ショートカットキーも使えるとのこと。

範囲選択も簡単にできるほか、ノート型Android端末の特殊キーにも対応している

 メモアプリレベルでのテキスト編集では、用途的に物足りなくなった人にぜひともオススメしたい。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART