このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Mac用動画変換/BD作成の定番ツール「Roxio Toast 11 Titanium」

「Toast 11」でiPhone/PSP/YouTubeビデオを作りまくれ!

2011年06月29日 12時00分更新

文● 佐藤隆博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Roxio Toast 11 Titanium」は、Mac OS X10.5.8以降で動作するライティングツールだ。CD/DVDはもちろん、別売の「Toast 11 HD/BD プラグイン」を利用することでAVCHD/Blu-ray Discにも対応でき、作成したディスクはPS3やBlu-ray Discプレーヤーなどでも再生可能だ。その手軽さと機能の高さから、多くのユーザーに支持されている定番ソフトとなっている。

「Roxio Toast 11 Titanium」

 また、ここでは便宜上「ライティングツール」としているが、Roxio Toast 11 Titaniumはライティング以外の機能も充実している点に注目だ。たとえば、iMovie/iPhoto/iTunes/Lightroomなどさまざまなソースからの音声/静止画/動画の取り込み、動画ファイルのフォーマット変換やAVCHDムービーのバックアップ、音声の録音、ディスクラベルデザイン、データファイルバックアップなど、「これでもか!」というくらい多くの機能を搭載しているのだ。

 しかも、YouTubeやFacebookなど動画共有サイト向けのデータ変換/投稿機能も備えており、デジタルメディアを扱う機会が多い方以外でも、持っていれば必ず役に立つ万能ツールとなっているのだ。今回はそんな多彩な機能の中から、特に「動画変換」にマトを絞って紹介していこう。

Roxio Toast 11 Titanium」および関連製品
製品名 ロキシオ ショップ
直販価格
Roxio Toast 11 Titanium
(ダウンロード版/限定スリムパッケージ版)
1万3650円
Blu-ray Discプラグイン
(ダウンロード版)
2625円

動画変換の作業が
こんなにラクでいいんですかっ!?

 Roxio Toast 11 Titaniumの動画変換機能は、ビデオカメラやデジタルカメラ、携帯電話などで撮影した動画を、別のファイル形式に変換するときに重宝する(著作権保護されていないデータのみ対応)。例えば「iPhone 4で撮影した動画をPSPで見たい」なんてときに便利だ。

 動画形式の変換を行なうには、「アシスタント」メニューの上部にある「変換」を選び、「ビデオファイル」をダブルクリックするといい。動画変換の画面が表示されたら、メインウインドーの右ペイン側にある「メディア」から変換したいファイルを選択し、メインウインドーの左ペイン側にドラッグ&ドロップする。複数のファイルを同時に変換したい場合は、必要な分だけ選択できる。また、iTunesやiMovie、さらには任意のフォルダーから目的のファイルを直接ドラッグ&ドロップすることも可能だ。

「Roxio Toast 11 Titanium」を起動すると、「アシスタント」メニューが表示される。画面上部のボタンをクリックすると、データディスクの作成やコピー、動画変換などの目的別メニューに切り替わる「変換」の中にある「ビデオファイル」を選択すると、動画変換が行なえる
右側の「メディア」から変換したいファイルを選び、左ペイン側にドラッグ&ドロップ!

前へ 1 2 3 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中