このページの本文へ

2011年夏の最速スマホ「GALAXY S II」ロードテスト ― 第1回

すべての動作がとにかく速い 日本で買える最速スマホ

GALAXY S II、本日発売 製品版を光速入手

2011年06月23日 12時30分更新

文● オカモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月23日、NTTドコモは最新スマートフォン「GALAXY S II SC-02C」を発売した。今回は実際に端末を購入したので、製品版による実機レポをお届けする。

イマドキのグローバル系スマホでは定番である、端末とほぼ同じ縦横サイズのコンパクトな製品箱

 あらかじめ予約をしていたのは新宿の大手量販店。ドコモによる新製品発表会直後に先行予約(関連記事)を行なったのち、「あらかじめ申込書を記入しに来てくれれば、発売日当日スムーズに入手できます」との連絡があった。そして、その作業を済ませていたため、開店直後の入店から15分ほどで端末を受け取れた。

ディスプレーに貼られたフィルムには誇らしげに「SUPER AMOLED Plus」と「Dual Core CPU」の文字が。製品にはイヤホンやUSBケーブル、FOMA用ACアダプタとの変換ケーブルに1GBのmicroSDカードが含まれていた

 端末の価格は一括購入で5万9073円。ここからspモードとiチャネルをオプションで申し込んだために1050円割り引かれ、5万8023円。さらに量販店のポイントが10%付いたが、ハイエンドモデルでもあり、夏モデル新製品の中では若干お高めのようだ。

 ちなみにここから「月々サポート」として、最大24ヵ月の間、一定額が月々の利用料金から割り引かれる(機種変更時:777円×24回=最大1万8648円、新規契約時882円×24回=2万1168円)。そのため実質価格は3万円後半から4万円前後という計算になる。

量販店のレシート。ドコモ夏モデルの中では比較的高めの金額である。ちなみにこんなスタンドもおまけでもらった

 今回は機種変更だったため、店頭では簡単な動作確認後ののちに端末だけ手渡され、自分の手でSIMを入れ替えて利用を開始した。もちろん発表会などではテスト機を触ってはいたが、製品を手にしての印象は、やっぱり“とにかく速い”ってことだろう。

 Android端末ではメニューなどのスクロールにおいて、(iPhoneやiPadのリニアな動きに比べると)若干引っ掛かりを感じる機会がある。GALAXY S IIでもそれは決して例外ではない。ただ、ウェブブラウザーの拡大縮小や、アプリをダウンロードしてからインストールが完了するまでの時間といった、“普段使い”の場面場面でとにかく速さを体感できる(なお、筆者が普段使っているスマホは「HTC Desire」と「iPhone 4」)。その意味では、すでにAndroid端末を使っているユーザーこそ、このGALAXY S IIの高性能を理解しやすいと言えるかもしれない。

 GALAXY S IIを使い込んでのレビューは、ASCII.jpで随時続報予定だ。

iPhone 4の製品箱と並べてみた。端末が大きい分、箱も若干大きめだ
GALAXY S IIのホーム画面。中央下部にある、何番目の画面かを示す部分を左右にフリックすると高速スクロールするのは、GALAXY S IIで追加された新しい操作だ
ブラウザーの拡大縮小はもっともGALAXY S IIの処理速度を実感できる場面だ。また端末を横にして本体を前後に傾けると画面表示を拡大縮小できるが、このときの動きの滑らかさにもやはり驚かされる
テザリングにも対応している。このテザリングでの使い勝手やSIMロック解除なども順次試してみる予定だ
メモリ容量が小さく、アプリの追加に四苦八苦していた元Desireユーザーとしては、この広大なメモリは夢のようだ
標準ではサムスン独自UIだが、ドコモの「パレットUI」に変更することも可能
本機はドコモ夏モデルでもある……ということで、ドコモ向けサービスの各種アプリもインストールされている
ワンセグ機能は録画にも対応している

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART