このページの本文へ

「Walkman」印のAndroid端末「W8 Walkman phone」が登場

2011年06月09日 12時00分更新

文● 樋口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 音楽再生機能に特化した、Sony Ericsson製のAndroid 2.1搭載スマートフォン「W8 Walkman phone」が秋葉原で販売中だ。

「W8 Walkman phone」
「Xperia X8」の本体とソックリな形状をしているAndroid OSを採用したウォークマン「W8 Walkman phone」。ドロイド君の隣にはWalkmanのロゴが確認できる

 W8 Walkman phoneは、3型(480×320ドット)ディスプレーに静電容量のタッチセンサーを採用したAndroidスマートフォン。実は、同じくSony Ericssonより発売されているAndroidスマートフォン「Xperia X8」とほぼ同じ仕様のモデルとなる。専用音楽プレイヤーの「Walkman player」というアプリをプリインストールしていることと、高品質イヤフォンが付属している点が主な違いだ。

比較
黒い本体に青い側面のデザインがW8 Walkman phone、白の本体がXperia X8だ。ボタンの部分から本体の大きさまで全く同じとなっている

 その他、ストレージ用に128MBのフラッシュメモリーを採用し、320万画素のカメラ、最大16GBまでに対応したmicroSDカードスロットを搭載。無線LAN(IEEE 802.11b/g)とBluetooth等の通信機能にも対応する。

 サイズは幅54×奥行き15×高さ99mm、重量は104g。Jan-gle秋葉原本店にて、2万9800円で販売中だ。

裏面
ウォークマンだけあって、付属品のイヤフォンは比較的高品質なものを採用。本体裏面にはSony Ericssonのロゴが印刷されている。今回入荷を確認したのはアジュールブルー、オレンジの2色だ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART