このページの本文へ

秋公開の「iOS 5」はTwitter連携機能を搭載

2011年06月07日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、iPhone/iPad向けOSの新バージョンとして「iOS 5」を発表した。公開は今秋の予定。200以上の新機能、1500以上の新APIを採用しており、親機となるパソコンなしにアクティベーションやセットアップが可能となる。

「iOS 5」

 OSそのものにTwitter連携機能が組み込まれており、一度Twitterにログインすると、写真/カメラ/Safari/YouTube/マップなどのiPhone/iPadアプリから直接ツイートできる。このシングルサインオン機能は新APIとして公開されており、サードパーティーが独自アプリ用に組み込むことも可能だ。

 また予定/タスク管理アプリ「Reminders」が新たに登場する。終了予定日などの時間ベースのタスク管理に加え、特定の場所からの出発時、特定の場所への到着時など位置ベースで通知を行なったり、優先順位設定などを行なえる。関連するタスクをグループ化することも可能なほか、Mac用カレンダーソフト「iCal」、また「Outlook」との連動も行なえる。

「Reminders」

 OS標準のウェブブラウザー「Safari」もバージョンアップされ、タブ表示機能が追加されることが明らかになった。閲覧中のウェブページを再構成して読みやすくする「Safari Reader」機能、あとでまとめて読みたい記事をリスト化しておける「Reading List」機能も追加される。

 カメラおよび写真アプリの新機能として、ロックスクリーンから瞬時にカメラにアクセスして、音量アップボタンを使って、写真をすばやく撮影できるようになった。また画面を1回タップすると、被写体上にフォーカスと露出をロック可能だ。

 またiOS 5では、カレンダーの予定時刻やメール着信、不在着信などの通知メッセージは画面の上部に表示され、ユーザーの操作を邪魔することがなくなる。通知は「Notification Center」として一覧形式にまとめられ、スワイプ(スクロール)させながら閲覧することも可能だ。通知メッセージをタップすると、そのアプリケーションが起動して、詳しい内容を閲覧できる。

「Notification Center」

 このほか、iOS 5搭載デバイスのユーザー同士がテキストメッセージ/写真/動画/位置情報/住所録をやり取りできる「iMessage」機能、電子新聞/雑誌閲覧用アプリ「Newsstand」も用意される。電子新聞/雑誌の販売はApp Storeにて行なわれ、定期購読用タイトルだけが集められた新しいセクションが用意される。

「iMessage」

 ゲーム用ソーシャルネットワーク機能「Game Center」、電子メールクライアント「Mail」、ソフトウェアキーボードも機能が強化される。「Apple TV」を介して無線でHDTV上にiPad 2の画面を表示する「AirPlay Mirroring」も追加される。

 対応端末は、iPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中