このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

【LoadTest】GALAXY S ロードテスト ― 第3回

ついに来た!「GALAXY S」をAndroid 2.3.3へアップデート!

2011年06月07日 20時00分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GALAXY Sにも待望のアップデートが!

 筆者の愛用しているスマホ「GALAXY S SC-02B」が久々にOSアップデートされるというニュースを聞いてから、早数ヵ月。ようやくこの日がやってきた! GingerbreadことAndroid 2.3がついに本日10時からリリースされたのだ。

 どのくらい速くなるのか、どのくらい変わるのかワクワクしながら、そしてOSアップデートに失敗しませんように、と祈りながらGALAXY SをPCに繋いだ。ちなみに、Gingerbreadの意味はエキサイト翻訳によると「しょうが入り菓子パン」だそうだ(実際にはクリスマスのクッキーのようなもの)。

ヒマさえあればネットしてるので、それだけで電池がどんどん減っていく。2台持ちじゃなかったらどうなってたんだろうと考えると、恐ろしい

 さて、GALAXY Sのアップデートは端末単体ではできず、パソコンに接続して「SAMSUNG Kies」というソフトを介して行なう。このソフト自身もアップデートされており、最新版(原稿執筆時点で2.0.0.11044_11)でなければAndroid OSのバージョンアップはできない。だが、基本的には自動的にアップデートされるので、画面の指示に従うだけでいいだろう。

これが「SAMSUNG Kies」。動画やオーディオなどのマルチメディアファイルを管理したり、電話帳などをバックアップしたりする便利ツールだ。このツールを使わないとOSのアップデートができない

 気になるアップデート内容は以下の通り。

GALAXY Sのアップデート内容

  • ゲーム、アニメーションの動作速度が向上
  • 「バッテリー使用量」メニューの改善(詳細なバッテリー使用状況の確認が可能)
  • 「メモリー使用」の追加(アプリケーションが使用するメモリー量を確認可能)
  • 「ダウンロード」アプリの追加(ダウンロードしたファイルをリストで管理可能)
  • ウィジェット追加時の画面にウィジェット提供元の情報を追加
  • 「Daily Briefing」ウィジェットを個別に配置可能(スケジュール、ニュース、株価、天気)
  • ステータスバーアイコンの変更
  • 通知パネルの変更
USBで端末を接続すると、バージョンアップできるとお知らせが。もちろんしますよ! 注意事項を読んで同意したら、念のため、ファイルのバックアップをする。それが終わったらいよいよAndroid 2.3へ!

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART