このページの本文へ

5月の携帯契約数が発表 1位ソフトバンク、2位ウィルコム

2011年06月07日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TCA(電気通信事業者協会)は2011年5月末での携帯事業者別契約数を発表した。各社の純増数を見ていくと、NTTドコモが6万3000、auが11万900、ソフトバンクが29万9000、イー・アクセス(イー・モバイル)が7万5000、UQ WiMAXが6万7800、ウィルコムが13万2900と首位がソフトバンク、2位がウィルコムとソフトバンクグループがワンツーを占めた。

 ウィルコムの好調については、5月31日までとされていた「もう1台無料キャンペーン」の影響などが考えられる。なお、同キャンペーンについては若干変更が加わり、さらに2~3回線目が無料という形で2012年3月31日までの継続が発表されている。

 データ通信が中心の事業者についても好調が続いている。特にUQコミュニケーションズについては6万7800の純増で、累計契約数は97万200に達した。早い時期での100万契約突破が見込まれる。


カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART