このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2011レポ第23回

HDDとはおさらばだ! 容量1TBの2.5インチSSDが登場

2011年06月04日 12時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 去年の賑わいがウソのように今年は収穫に乏しいSSDの分野。ところが、2.5インチ対応SSDでは最大容量となる1TBの製品が展示されていたので紹介しておこう。

デモ
今年は比較的ニュースの少ないSSDだが、来場者の注意を少しでも惹こうと、煮られたり冷やされたりとなかなか忙しい

 「N2000」という型番の製品を見つけたのはPRETECのブース。容量はなんと1TBというもので、もちろん2.5インチ対応SSDでは最大容量である。対応してくれた担当者によると「コントローラーはJMicron。一般販売向けではないが、売るとすれば20万円はしますね」とのこと。転送速度は読み込み250MB/s、書き込み220MB/s。インターフェイスはSerial ATA IIとなる。

1TB 容量はなんと1TBという2.5インチ対応SSD。もはやHDDとはおさらばである

 同じく2.5インチ/Serial ATA II対応ながら800GBという製品も展示されていた。秋葉原でも以前発売されていたブランド“Memoright”の製品で、最大転送速度が読み書きともに220MB/s。夏には国内市場にも投入予定という。

Memoright Memorightブランドの容量800GBモデル。日本での発売予定もアリ

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中