このページの本文へ

SSDを4台接続可能なPCI-E x4接続のRAIDカードが出現

2011年06月02日 23時42分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2.5インチSSD/HDDを4台搭載できる、PCI Express x4接続のApricorn製RAIDカード「PCIe Drive Array」(型番:BX4312)がPC DIY SHOP FreeTで発売されている。圧倒的なのはその見た目。全長343mmと、ハイエンドビデオカードより長い基板に驚かされる。

PCI Express x4接続のApricorn製RAIDカード「PCIe Drive Array」。PC DIY SHOP FreeTによると、見た目のインパクトが凄いので仕入れてきたとのこと

 基板上にはSATA2.0(3Gbps)の2.5インチドライブベイが4つ並んでおり、SSDもしくはHDDを接続するだけでRAID 0/1/5、JBODを構築できる。SATAケーブルや電源ケーブルを4台分用意する必要がないため、ケース内がケーブルだらけになることを防げるメリットがある。あまりの長さにPCケース内にカードが収まらない可能性があるため、購入前には自分のケースを確認しておくといいだろう。
 価格は2万1800円。製品にはドライバCDとネジが付属しているが、SSDやHDDは別途用意する必要がある。

コントローラはSilicon Image製「Sil3124」。最大データ転送速度は800MB/sとなるPC DIY SHOP FreeTでは、「Intel 320」120GBを4台使用したRAID 0環境のベンチマーク結果を掲載している

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中