このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2011レポ第11回

巨大ブースも構えているASUSTeKの注目パーツをチェック!

2011年06月02日 12時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「スマートフォンとタブレットを合体」させた「Padfone」や「LGA 2011」+「LGA 1366」のDualマザー「Danshui Bay」など、興味深い製品を続々と発表しているASUSTeK。TWTCN/南港展覧館では巨大ブースも構えているので、駆け足で紹介しておこう。

ASUSTeKブース
「Padfone」が真正面に展示されたTWTCN/南港展覧館のASUSTeKブース。その大きさは最大クラスの面積を誇る
「C1X79 EVO」 「MAXIMUS IV GENE-Z」
X79チップ搭載の「C1X79 EVO」「Z68」でMicro ATX/ゲーミングなマザー「MAXIMUS IV GENE-Z」
A75
A75搭載でSocketFM1のMini-ITXモデルが2モデル展示されていた
「MARS II」
「GeForce GTX 580」を2基搭載する「MARS II」。近日、限定枚数で発売予定とのこと。クロック等は不明となっている
MATRIXシリーズ
GeForce GTX 580搭載のOCモデルとなるMATRIXシリーズ。こちらも近々日本でも購入可能となる

【取材協力】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中