このページの本文へ

ECS「HDC-M」

「AMD E-350」搭載のファンレスmicro ATXマザーが登場

2011年06月01日 23時36分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDのモバイル向けFusion APU「AMD E-350」を搭載した、micro ATXフォームファクタのECS製マザーボード「HDC-M」が登場した。統合GPUはDirectX 11対応の「Radeon HD 6310」で、組み合わされるチップセットは「AMD FCH Hudson D1」となる。

Fusion APU「AMD E-350」を搭載した、ECS製のMicro ATXマザー「HDC-M」

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI×2。メモリスロットがDDR3-DIMM×2(DDR3-1333/1066、最大8GBまで)。オンボードインターフェイスとしてVGA機能や10/100BASE-T LAN(Realtek/8105E)、6chサウンド(Realtek/ALC662)、SATA2.0×4、USB2.0×6などを搭載。I/O部の映像出力にはDVIとD-subを用意している。
 価格はアークで1万480円、ドスパラ パーツ館で1万980円となっている。

拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI×2、メモリスロットはDDR3-DIMM×2という構成だ出力インターフェイスはDVIとD-subを用意

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中