このページの本文へ

ピークシフト制御時間を2パターン設定可能

パナソニック、電力需要を考慮した“制御ユーティリティ”を提供

2011年05月18日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは18日、モバイルノートパソコン“レッツノート”向けに「ピークシフト制御ユーティリティ」ソフトの無償ダウンロード提供を、5月27日に開始すると発表した。

 同ユーティリティは、電力需要のピーク時間帯にはバッテリー駆動運用に切り換え、電力需要の低い時間帯にはAC電源駆動運用とバッテリー充電を行なう、同社独自の電源制御プログラム。
 2つのピークシフト時間帯(合計で最長12時間)を設定できるほか、最低限確保したいバッテリー残量を25%~75%の範囲で任意に設定できるのが特徴。

ピークシフト制御時間を2パターン設定可能確保したいバッテリー残量を設定可能

 対応機種は以下のとおり。対応OSはWindows XP/7で、Windows Vistaについては検証中とのこと。

  • 2011年夏モデル (CF-S10/N10/B10/J10/C1 )
  • 2011年春モデル (CF-S10/N10/B10/J10/F10 )
  • 2010年冬モデル (CF-S9 /N9 /J9 /F9)
  • 2010年夏モデル (CF-S9 /N9 /J9 /C1 /F9)
  • 2010年春モデル (CF-S9 /N9 /J9 /F9 /T9* /W9* /Y9*) *は法人向けモデル。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン