このページの本文へ

ダイヤテック「Majestouch BLACK」シリーズ

キー前面に印字された「FILCO」製キーボードが発売

2011年05月14日 23時02分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「FILCO」ブランドのキーボードで知られるダイヤテックから、キーの前面のみに印字が施されたキーボード「Majestouch BLACK」シリーズ全6モデルが発売された。

「FILCO」
キー前面のみに印字が施されたキーボード「Majestouch BLACKシリーズ」計6モデルが「FILCO」から発売

 Majestouch BLACKシリーズは、108キー/かななしタイプの「Majestouch BLACK」と、91キー/かななしタイプの「同 Tenkeyless」の2種類。さらにキースイッチに打鍵感の異なるCherry製 MX茶軸(tactile feel)、MX黒軸(linear)、MX青軸(click tactile)の3種類を用意することで、計6モデルをラインナップする。
 特徴はすべての印字をキートップではなくキーの前面のみに施したことで、使用者以外の視線からは「まるで無刻印キーボードにしか見えない」ということ。直接印字部分に触れることがないため、摩擦による印字の薄れや剥離の心配がないという。

キートップ
すべての印字をキー前面のみに施している。直接印字部分に触れることがないため、摩擦による印字薄れや剥離の心配がないという

 またこのモデルは「FR-4」2層基板が採用され、全スイッチ端子のスルーホールを半田で固定している。これにより打鍵時に発生する負荷と振動を、鉄板だけではなく基板側にも逃がせる。また、ゲーマーなどのプロユースを考慮し、複数のキーが同時に押されたときにそのキーすべてを認識する「Nキーロールオーバー機能」も搭載している。
 主なスペックはMajestouch BLACK(10キー付き)が、本体サイズ440(W)×138(D)×35.8(H)mm(スタンド使用時49.5mm)で、重量は1.2kg。キーストロークは19mm、キーストロークは4±0.5mm。インターフェイスはPS/2とUSB(PS/2は変換コネクタ使用)、ケーブル長さは1.5m。Windowsキー(前面印刷タイプ)および引き抜き工具「FILCO Key Puller」が付属している。
 Majestouch BLACK Tenkeylessの本体サイズは356(W)×135(D)×33(H)mm(スタンド使用時44mm)で、重量は980g。キーストローク19mm、キーストローク4±0.5mm。インターフェイスはPS/2、USB(PS/2は変換コネクタ使用)、ケーブル長1.5m。こちらもWindowsキー(前面印刷タイプ)および引き抜き工具が付属する。
 価格は以下の通りだ。

特徴
使用者以外の角度からは無刻印キーボードに見えるという利点も。今までになかったユニークな発想といえる
価格ショップ
「FKBN108M/NFB2」(茶軸・フルサイズ)
¥11,880クレバリー2号店
¥12,800アーク
ソフマップリユース総合館
「FKBN108ML/NFB2」(黒軸・フルサイズ)
¥11,880クレバリー2号店
¥12,800アーク
ソフマップリユース総合館
「FKBN108MC/NFB2」(青軸・フルサイズ)
¥11,880クレバリー2号店
¥12,770フェイス秋葉原本店
¥12,800アーク
ソフマップリユース総合館
「FKBN91M/NFB2」(茶軸・10キーレス)
¥10,980クレバリー2号店
¥11,800アーク
ソフマップリユース総合館
「FKBN91ML/NFB2」(黒軸・10キーレス)
¥10,980クレバリー2号店
¥11,800アーク
ソフマップリユース総合館
「FKBN91MC/NFB2」(青軸・10キーレス)
¥10,980クレバリー2号店
¥11,770フェイス秋葉原本店
¥11,800アーク
ソフマップリユース総合館

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中