このページの本文へ

OCZ「AGT3-25SAT3-120G」

読み書き500MB/secオーバーのOCZ製SSDに新モデル

2011年05月14日 22時03分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 OCZからSATA3.0(6Gbps)インターフェイスを備える2.5インチSSDの新製品「Agility 3」シリーズが登場。容量120GBモデル「AGT3-25SAT3-120G」が今日から店頭に並んでいる。

「AGT3-25SAT3-120G」
SATA3.0(6Gbps)インターフェイスを備える2.5インチSSDの新製品「Agility 3」シリーズ。容量120GBモデル「AGT3-25SAT3-120G」がまずは発売となっている

 Agility 3シリーズは、MLC NANDフラッシュを搭載し、60GB/120GB/240GBの3モデルをラインナップ。Windows 7 Trimコマンド、RAIDに対応し、MTBF(平均故障間隔)20万時間、3年間のメーカー保証が付く。
 転送速度は共通で最大読込525MB/sec、最大書込は60GBで475MB/sec、120GBと240GBは500MB/sec。ランダム読込4KBは60GBと120GBが50000 IOPS、240GBは45000 IOPS。採用コントローラーはSandForce SF-2200シリーズの「SF-2281」。消費電力は動作時2.7W、アイドル時1.5Wというスペックだ。
 価格はTWOTOP秋葉原本店で2万6980円、アークとZOA秋葉原本店で2万7980円となっている。


【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中