このページの本文へ

ドコモ夏モデル新商品発表! スマートフォンは計9台 ― 第11回

これはPCなのか? ケータイなのか?

Win7搭載の世界最小PCでもあるケータイ 富士通「F-07C」

2011年05月16日 11時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ドコモ夏モデルの中では「ドコモ スマートフォン」にも「PROシリーズ」にも分類されていない、特別な存在なのがWindows 7ケータイの「F-07C」だ。

 メインプロセッサーにはネットブックでおなじみのIntel「Atom」を搭載(1.2GHz品が搭載されているが、実際の動作クロックは600MHz)。Windows 7が動作する世界最小PCでありながら、一方でケータイモードも持っており、QWERTYキー付きのケータイとして、iモードやおサイフケータイも使えるという新しいライフスタイルを提案する端末である。

 本体サイズ/重量は約61×125×19.8mm/約218g、ディスプレーは4型液晶(画面解像度は600×1024ドット)と、QWERTYキー付きのケータイとしても決して大きくはなく、PCとして見ればとにかく小さい。

 PCモードでは、Windows 7 Home Premium(32bit版)が動作。ストレージは32GBのSSDで、バッテリ動作時間は約2時間。オプションのクレードルにはUSBポートやHDMI端子も用意されており、キーボードやマウス、ディスプレーを接続することで、PCとしての本格的な操作も可能である。

ドコモがどう位置づけようと見た目は完全にQWERTYキー付きのスマートフォンだ
オプションのクレードルに装着すれば、完全にPC的に利用できる。背面にはIntelやWindowsのシールも

 PCモードとケータイモードの切り替えは側面に用意された専用ボタン“Windows 7切替キー”によって行なう。ボタンを2秒程度長押しすると「Windows 7モード」と「ケータイモード」を即切り替えが可能だ。

 ケータイモードでの操作は従来の富士通製ケータイをほぼそのまま受け継いだもので(プラットフォームも富士通製ケータイと同じくSymbianベース)、iモードの各種サービスやiチャンネル、iコンシェルに加え、おサイフケータイまで、iモード端末でおなじみのサービスが利用できる。なお、PCモードでのWindows 7起動時はおサイフケータイのみ利用可能だ。

側面にモード切替用の専用ボタンが用意されている
本当にWindows 7が起動している! iコンシェルも動くケータイモードへは結構素早く切り替わる。プラットフォームは別途用意されているものと思われる

 発売は6~7月を予定している。本体色はNavy Blackの1色のみ。

ケータイモードでは完全に“ケータイ”なので、当たり前ながらiモードサイトも見られる。タッチ操作対応の富士通製ケータイとほぼ同じメニュー類だった
「Windows 7ケータイ F-07C」の主要スペック
メーカー 富士通
ディスプレー 4型液晶
画面解像度 600×1024ドット
サイズ 約61×125×19.8mm
重量 約218g
CPU(PCモード) Intel「Atom」(600MHz動作)
OS(PCモード) Windows 7 Home Premium
ストレージ(PCモード) 32GB SSD
最大通信速度 7.2Mbps(下り)/5.7Mbps(上り)
カメラ画素数 リア:510万画素/イン:32万画素
FeliCa
ワンセグ ×
赤外線 ○(ケータイモードのみ)
防水 ×
連続待受時間 約600時間
連続通話時間 約370分
バッテリ動作時間(PCモード) 約2時間
カラバリ Navy Black
発売時期 6~7月

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART