このページの本文へ

ドコモ夏モデル新商品発表! スマートフォンは計9台 ― 第9回

片手操作も重視したインターフェース搭載

パナ初のAndroidは使いやすさ重視のエントリモデル「P-07C」

2011年05月16日 11時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニック初のAndroidスマートフォンとなる「P-07C」は、ドコモ夏モデルの中では比較的エントリクラスのスマートフォンとなる。

 端末のサイズは、最近のスマートフォンでは比較的大柄で約67×128×14mm/約140g。そのぶんディスプレーも4.3型液晶(480×854ドット)と細かな文字まで読みやすくなっている。デザイン的にはサイドのグラデーションレイヤーと、持ちやすさを強調したラウンドフォルムが特徴的で“グランスデザイン”とうたっている。

 筐体デザインからもわかるように比較的若い女性層をターゲットにしており、ホーム画面やキーパッドをトータルでデコレーションする機能を持つなど、従来型ケータイ的な要素も盛り込まれている。

 ユーザーインターフェースでも、パナソニックのスライド型端末ではおなじみの「タッチスピードセレクター」をタッチ画面上に搭載。片手でスピーディーにメニューを操作できるよう意識されている。また、独自アプリ「Future Plus」ではグルメ情報や天気、占い、SNSなどの情報サービスを1画面からまとめて使える。

 スペック面では、FeliCa以外の主要な機能に対応。OSもAndroid 2.3を採用しており、エントリクラスといっても十分な内容だ。発売は7~8月を予定している。

カラバリの表記ではBlackとWhiteの2色とシンプルだが、サイドのデザインがなかなか個性的
タッチスピードセンサーは左手用と右手用を切り替えられる
パナケータイでおなじみのecoモードをスマートフォンでも搭載。Future Plusでは1つのアプリでさまざまな種類の情報が得られる
「P-07C」の主要スペック
メーカー パナソニック
ディスプレー 4.3型液晶
画面解像度 480×854ドット
サイズ 約67×128×14mm
重量 約140g
OS Android 2.3
最大通信速度 7.2Mbps(下り)/5.7Mbps(上り)
カメラ画素数 510万画素
バッテリ容量 1400mAh
テザリング
FeliCa ×
ワンセグ
赤外線
防水 ×
spモード
連続待受時間 約340時間
連続通話時間 約230分
カラバリ Black、White
発売時期 7~8月

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】COMPUTEX TAIPEI 2016中継

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART