このページの本文へ

ドコモ夏モデル新商品発表! スマートフォンは計9台 ― 第8回

旅行カバンをイメージしたデザインの防水対応スタンダードモデル

“らくらく”スマホ? 富士通初のAndroid端末 「F-12C」

2011年05月16日 11時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通ブランドとしては初のAndroidスマートフォンが、富士通東芝の「F-12C」である。

 「らくらくホン」のブランドこそ付けられていないものの、これまでのスマートフォンユーザーから、さらに幅広い層をターゲットとしており、日本語で説明された大きめのアイコンや、次の操作をサポートするオリジナルUI「NX! Comfort UI」、使いたいアプリを音声で呼び出せるアプリ、周囲の騒がしさなどに応じて聞きやすく音声を最適化する「スーパーはっきりボイス3」の採用などが特徴的だ。

 ディスプレーは3.7型液晶で、画面解像度は480×800ドット。本体サイズ/重量は約60×119×9.9mm/約110gと、女性の手にも収まりやすいコンパクトなものである。ワンセグには非対応だが、FeliCaや赤外線などの主要機能に対応し、OSはAndroid 2.3。カメラも810万画素と十分なもの。富士通製ケータイで人気があったウィーキングカウンター/エクササイズカウンターがスマートフォンになっても用意されたほか、防水対応なのはうれしい。

カラバリの2色はともに「GLOBE-TROTTER」とのデザインコラボ

 筐体の四隅に見えるメタリックが印象的なデザインは、トラベルケースの世界的なブランドである「GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター)」とのデザインコラボによるもの(カラバリのBlack/Rose Goldとも)。発売は7~8月を予定している。

発表会会場ではコラボ元のGLOBE-TROTTERのトラベルケースも
日本語による説明と大きな文字が特徴的。これまでのスマートフォンではなかっただけに逆に印象的だ
「F-12C」の主要スペック
メーカー 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 3.7型液晶
画面解像度 480×800ドット
サイズ 約60×119×9.9(最厚部:10.6)mm
重量 約110g
OS Android 2.3
最大通信速度 14Mbps(下り)/5.7Mbps(上り)
カメラ画素数 810万画素
バッテリ容量 1460mAh
テザリング
FeliCa
ワンセグ ×
赤外線
防水
spモード
連続待受時間 約420時間
連続通話時間 約320分
カラバリ Black、Rose Gold
発売時期 7~8月

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

関連記事

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART