このページの本文へ

ドコモ夏モデル新商品発表! スマートフォンは計9台 ― 第3回

1.2GHz動作のデュアルコア+有機ELのハイエンド機

日本向けの「GALAXY S II」にはワンセグも搭載

2011年05月16日 11時45分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本のみならず、北米/欧州/韓国と世界的なヒット製品になったスマートフォン「GALAXY S」。さらに性能を増した「GALAXY S II」はグローバル市場でも発売されたばかりだが、日本向けモデルは大方の予想どおり、ドコモからリリースされた。発売も6月下旬予定で、海外発売からさほどタイムラグなく日本でも登場する。

 「GALAXY S II SC-02C」の特徴として挙げられるのは、まず1.2GHz動作のアプリケーションプロセッサー。ドコモ夏モデルでは唯一のデュアルコアプロセッサーを搭載するスマートフォンで、ウェブブラウジングを始め、アプリケーションの起動や動画再生などにおいて、さらにスムーズな処理が可能である。

 もう1つの特徴が有機ELディスプレーの「SUPER AMOLED Plus」(GALAXY Sは「SUPER AMOLED」)採用である。画面解像度はGALAXY Sと同じ480×800ドットだが、鮮明さや見やすさの点でさらに進化している。画面サイズも4型→4.2型へと若干大型化された。なお、ディスプレー表面には耐久性の高さで知られるCorning社の「Gorilla Glass」が採用されている。

 本体サイズと重量は約66×126×8.9mm(最厚部10.3mm)/約118g。画面サイズが大きくなったぶん、縦横は若干大きくなったが(GALAXY Sは約64×122×9.9mm)、逆に厚みは1mmも薄くなっている。それでいて、バッテリ容量は1650mAhと大きめなのは心強い。OSはAndroid 2.3。microUSB端子からHDMI出力を可能にするケーブルがオプションで提供される。

 今回の日本向けモデルはドコモが用いる周波数への対応のほかに、ワンセグ搭載というカスタマイズがなされた。カラバリはNoble Blackの1色である。

背面はザラザラしたマットな塗装だったグローバルモデルと異なり、ツルツルとした手触りになっている
本体にはHDMI端子はないが、下部にあるmicroUSB端子にオプションのケーブルを出すことでmicroHDMI出力が可能になる
「GALAXY S II SC-02C」の主要スペック
メーカー サムスン
ディスプレー 4.3型SUPER AMOLED Plus(有機EL)
画面解像度 480×800ドット
サイズ 約66×126×8.9(最厚部:10.3)mm
重量 約120g
OS Android 2.3
最大通信速度 14Mbps(下り)/5.7Mbps(上り)
カメラ画素数 リア:810万画素/イン:200万画素
バッテリ容量 1650mAh
テザリング
FeliCa ×
ワンセグ
赤外線 ×
防水 ×
spモード
連続待受時間 約690時間
連続通話時間 約430分
カラバリ Noble Black
発売時期 6月下旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART