このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第64回

居間にあふれるリモコンをiPhoneにまとめて使う技

2011年05月10日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
邪魔なリモコンをiPhoneにまとめてしまえ

 どこの家庭でも大抵は、リビングに多数のリモコンが転がっているものだ。テレビやビデオレコーダー、オーディオアンプに照明、エアコン、ゲーム機などなど。これらをテーブルの上に並べていると、食事時などにいちいちどかすのが面倒くさい。かといってどこかにまとめて収納したりすると、今度はいちいち探して取り出すのが手間だ。

 そこで役立つのが万能リモコン(または学習型リモコン)というアイテム。複数のリモコンの信号を学習し、ひとつのリモコンでまとめて操作できる優れものだ。今回は、iPhoneやiPod touchを万能リモコンとして活用する技を紹介しよう。

手持ちのリモコンの信号を登録する

 iPhone/iPod touchには赤外線通信機能がないので、万能リモコンとして使うには別途アクセサリーを用意する必要がある。こうしたアクセサリーは何種類か発売されているが、お勧めは米L5 Technologyの「L5 remote」(国内販売は明宝、直販価格6300円)だ。

明宝の「L5 remote」iPhoneに装着したところ。コンパクトで軽く、邪魔にならない

 サイズは幅31×奥行き21×高さ10mmで、重量は4gと超コンパクト。iPhone/iPod touchのDockコネクタに装着して使用する。赤外線の有効範囲は約9m、リモコンの信号を受信できる範囲は約30cmとなる。

 L5 remoteをiPhoneに装着すると、まずアプリケーションのインストールを促される。利用するアプリは製品名と同じ「L5 Remote」で、無料でダウンロードできる。もちろんiTunesを介してインストールしてもいい。その際は、接続すると「ファームウェアを更新しています」と表示される。

「L5 Remote」アプリをインストールしていない端末に装着すると、ダイアログが表示される。「はい」をタップするとApp Storeが開くL5 Remoteをインストールする。サイズは2.9MBで無料

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART